>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer琉球漆器職人、県立芸大准教授・當眞さん「沖縄の歴史・文化を守るために」

  • 毎週火曜日の10時台にお届けしているコーナー”Finer”

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方・・
    いわゆる”Finer”をご紹介しています。

    7月26日に放送したFinerは・・
    沖縄県立芸術大学に5年前に新設された漆芸分野の准教授で、
    琉球漆器の職人・當眞茂(とうま しげる)さん!



    當眞さん。若い頃は、琉球漆器に全く興味が無かったそうなんですが、一度県外で就職されて、県外の漆器を見て初めて、故郷・沖縄の琉球漆器に興味を持たれたんだそうです。

    當眞さん)琉球漆器は、県外の黒がベースの漆器と違って、
    鮮やかな朱色をしていますし、「沈金」という器の表面を彫ってから金箔を入れ込む独特な技法があります。
    そこに惹かれて、沖縄の漆器会社に就職し直して、働きながら、漆技法を学びました!




    そして平成18年からの7年間は、
    首里城の塗り直し、
    琉球王国時代の祭祀道具の復元にも関わっていらっしゃいました。


    ただ、首里城のような大きな建物に漆塗装をするのは初めてで、大変なことも多かったそうです。

    當眞さん)屋内で小さな器に漆を塗ったり、加飾をしたりするのと、屋外で首里蔵のような建物に塗ると言うのは、大分違いましたね!
    漆と言うのは、温度・湿度にかなり影響される素材です。
    湿度がある程度高くないと漆が乾かないので、ビニールシートで建物を覆って、湿度を上げる努力をしたり・・
    直射日光が当たるとそこだけ漆が乾かない現象があったり・・
    とにかく天候に左右されて、苦労しました。


    またビニールシートの向こうで常に観光客の方に見られているというプレッシャーもあったそうです。

    當眞さん)なんだか動物園の動物になったかのような気分で・・(笑)世界中の人に作業を見られているというプレッシャーもありましたね・・。
    でも楽しかったですよ!首里城と言う沖縄を象徴する場所に関われているという「誇り」。そして観光客の方々に見て頂けるという事は、「琉球王国時代の伝統的な漆塗装のやり方」を世界中の方に知って頂けると言う事ですから!やりがいもありました!


    そして現在では、県立芸大の准教授として後進の育成に力を注がれています


    首里城の塗り直しは、少し風向きが変わっただけでも作業を続けるかどうかの判断が必要なぐらい天候に左右される部分が大きく、そういった判断も出来る、漆塗装に精通した若い職人さんが、育って行かなければ、首里城の塗り直しは出来なくなってしまいます

    また、當眞さんが得意とされている「沈金」も今では「昔の技法」と言われるまでに、出来る職人さんがわずか数人に減ってしまっていて、この「沈金」が出来る職人さんが居なければ、琉球王国時代の祭祀道具の復元も出来なくなってしまいます。

    ですから、県立芸大に「漆芸分野」が出来たという事は、沖縄の歴史、文化を守る上でもとても大切な事なんです!!



    當眞さん)私は首里城の祭祀道具の復元で、「沈金」という昔の技法を研究してきました。その研究の中で学んだ事を復活させ、それに新しいデザインを組み込んでいくという将来の目標があります!そしてそれを、次の若い世代にバトンタッチしていけたらと思っています。
    県立芸大を卒業した方達が、首里城の漆塗装、祭祀道具の復元事業に携わって行けるように、サポートしていきたいと思っています!


     
    なお、県立芸術大学では、
    来週火曜日8月2日お昼12時~オープンキャンパスが行われます!漆の作品を見ながら、當眞さんのお話を伺う事も出来ますし、施設の見学、カリキュラムの説明もあります!
    (県立芸大オープンキャンパスHP⇒
    http://www.okigei.ac.jp/experience/opencampus/index.html)


    また8月3日水曜日午前9時半~は高校生を対象にしたサマースクールが開かれます。漆のストラップ作りを体験できるそうですよ♪申し込みは7月29日までです!
    <サマースクール詳細>
    日時:8月3日午前9時半スタート
    場所:首里崎山キャンパス工芸棟1階
    定員:15名
    材料費:500円
    申し込み:Web または ☎098-882-5061(専攻代表)までご連絡を
    HP:http://opua-info.blogspot.jp/2016/04/2016.html

<<一覧へ戻る