>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer サンゴに優しい日焼け止めプロジェクト・呉屋さん「日焼け止めでサンゴが死滅!?大切なサンゴを守るために」

  • 毎週火曜日の10時台にお届けしています”Finer”

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方、
    いわゆるファイナーをご紹介しています♬

    11月29日のFinerは・・
    「サンゴに優しい日焼け止めプロジェクト」というのを立ち上げ、現在クラウドファンディングで資金集めをしていらっしゃいます・・呉屋由希乃さんです!
     



    「サンゴに優しい日焼け止め」を開発しなければいけない・・という事は、逆に今私たちが普段使っている日焼け止めは、「サンゴに優しくない」という事でしょうか??

    呉屋さん)実はサンゴが死んでしまう成分が入っている日焼け止めもあるんです

    私も去年、座間味島でシュノーケリングをして、ダイバーさんに「そんなにベタベタ日焼け止めを塗っていたらサンゴが死んじゃうよ」と言われるまで知らなかったんですが、
    気になって後から調べてみたら、「世界中の日焼け止めの中にサンゴが死んでしまう成分、死ぬか死なないかも分からない成分が入っている」と知ってビックリしました。



    松田礼那)サンゴが死んでしまう成分・・というと、具体的には何と言う成分なんですか?

    呉屋さん)現在「オキシベンゾン」という成分が、サンゴを殺してしまう可能性がある・・と言われていて、その「オキシベンゾン」が使われていない日焼け止めも、世の中には既にあります。

    ただ、その「オキシベンゾン」が入っていないからと言って、他のケミカルな成分が大丈夫かと言うと、まだ研究が進んでいないだけで、もしかしたらサンゴに害のある化学物質かもしれないですよね。

    なので、私はケミカルな化学物質は一切使わず、自然が確実に分解してくれるナチュラルなものだけで出来た日焼け止めを作りたいと考えています!

    呉屋さんは、こういった「サンゴに優しい日焼け止め」をダイビングショップや海の家など、海に入る人たちが気軽に購入できる場所に置いて、海に入るときには、当たり前のように皆が「サンゴに優しい日焼け止め」を塗る・・という未来を実現したいと考えいらっしゃるんです!!



    ただ、呉屋さんが、このプロジェクトの協力を周りにお願いした時「なぜ珊瑚のために、そこまでしなきゃいけないの?」という意見も沢山聞こえて来たそうです。なので、呉屋さんは、まず珊瑚の大切さを多くの方に知ってもらいたいと仰っていました。

    呉屋さん)サンゴが無くなると、困る事って沢山あるんです!
    サンゴは天然の防波堤で、二酸化炭素を吸収して酸素を供給してくれる海の森です!
    サンゴが死滅すると発生する毒のようなものもあって、それを魚が食べて、その魚を人間が食べると死んでしまう事もあります。
    サンゴの死は、私たちの生活にも跳ね返って来て、大変なことになるんです。
    私はこのプロジェクトを通して、もっと多くの方に、サンゴの問題を身近に感じてもらいたい!・・「他人事じゃないんだ」と思ってもらいたいです。
    サンゴは無くてはならない存在なんです!!




    この私たちにとって、なくてはならない大切な珊瑚を守っていくために、「珊瑚に優しい日焼け止めを塗る」というのは、専門的な知識が無くても、私たち1人1人が簡単に出来る努力ですよね。

    是非、呉屋さんの珊瑚に優しい日焼け止めプロジェクト、動き出すためにも、少しでも興味を持たれた方、支援を考えて頂けたらと思います。

    呉屋さんのクラウドファンディングのページ⇒
    https://faavo.jp/naha/project/1451

    今回のFinerは「サンゴに優しい日焼け止めプロジェクト」発起人の呉屋由希乃さんでした!

<<一覧へ戻る