>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer アールスリー株式会社 代表取締役・内間さん「災害時の希望の光を目指して」

  • 毎週火曜日にお届けしています"Finer"

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方、
    いわゆる「ファイナー」をご紹介しています。

    1月17日のFinerは・・
    誘導標式で特許を持っていらっしゃるアールスリー株式会社 代表取締役の内間邦彦さんです

     



    内間さんは学生時代、甲子園への出場経験もある野球少年で、以前は母校・興南高校で監督としても活躍されていました

    しかし、監督としてグラウンドで生徒たちを見守っている時、阪神淡路大震災で被災した友人の言葉を思い出し、今の誘導標式の会社を立ち上げようと思われたそうです。

    内間さん)野球の監督をしていた時、練習が終わって真っ暗なグラウンドを見て、神戸で阪神淡路大震災を経験した友人の「災害で電気が消えると、思っている以上に真っ暗だ。火事が起きても、明るくなるどころか、目をやられて、なおさら真っ暗になる」という言葉を思い出しました。

    もしこの真っ暗なグラウンドで災害が起きたら大変だ!子供たちのために、屋外につけられる誘導標識が必要だ!と考えたんです。

     
    ただ、内間さんが調べてみると、これまでの誘導標識では、紫外線に弱く、沖縄の強い紫外線の中だと、わずか1年ももたずに、交換が必要な事が分かったそうです

    そこで、内間さんが友人と開発して、特許をとったのは、屋外でも100年もつと言われている「シリコン」を使った誘導標識です!



    内間さん)うちの誘導標識の特徴はいくつかあります!

    ●シリコンを使っている事!!
    シリコンを使っているので、紫外線をあびでも劣化せず、火事が起きても燃えない!燃えないどころかむしろ光りが増す!

    ●太陽の紫外線や、屋内の蛍光灯のわずかな紫外線でも吸収・蓄積をして、光る「蓄光型」!!
    標識そのものが光るので、「ケーブルがショートして光らない」という事が無い!
    電気も必要なく、ランニングコストがかからない。
    CO2を排出しない。

    ●床に張り付ける事が出来る!!
    バリアフリーにも対応した薄さで、目線の低い高齢者や子供も苦なく見る事が出来る。
    万が一、火事が起きた時には、煙は上に。床の誘導標識は大切!




    こういった火事にも強く、ご高齢の方や子供達も見やすい誘導標識が広がることが、災害の不安の中、皆の心に希望の光を灯す事にもなる・・と内間さんは考えていらっしゃいます

    内間さん)災害というのは本当にいつ来るか分からなくて、もしもの時、人はおどおどして、平常心を失ってしまいがちです。

    でも少しの明かりでもあれば、それは、「心の希望の光」になると考えています。その明かりをもとに避難することも可能です!

    私はこのような2次災害を防げる商品を、これからももっと開発していきたいと考えています!



    という事で、内間さんは現在、誘導標識の他にも、この技術を活用して、暗闇の中でも知り合いがどこにいるか分かる光るTシャツや、癒しの効果もある光る花も開発・販売されています






    私も阪神淡路大震災経験しているので、真っ暗な中、光るものがあるというのは、本当にとても大切な事だと実感しています。

    ぜひ阪神淡路大震災から22年経った今日改めて、もしも災害がおきてしまった時の対策、考えてみて下さい!

    今回のFinerはアールスリー株式会社 代表取締役の内間邦彦さんでした!

<<一覧へ戻る