>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer 沖縄県インテリアコーディネーター協会会長・上原牧子さん「住む人オリジナルの空間づくり」

  • 毎週火曜日にお届けしています”Finer”

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方、
    いわゆる「ファイナー」をご紹介しています。


    今回のFinerは・・
    インテリアコーディネーターとして20年以上活躍されています沖縄県インテリアコーディネーター協会 会長の上原牧子さんです!



    上原さんは、2001年にはご主人と一緒に「有限会社ムーブプランニング」という会社を立ち上げ、県内のあらゆる商業施設や病院、個人宅のインテリアも手掛けられています。


    松田礼那)上原さんが、「インテリアコーディネーターになろう!」と思われたきっかけは何だったんですか?

    上原牧子さん)18歳の時のアメリカ留学でホームステイをして、現地の方々が自分たちの家を心から愛して、「住む人オリジナルの空間づくり」をしているのを見て、憧れたのがきっかけでした。

    松田)「住む人オリジナルの空間」ですか!

    上原さん)はい!私が今お仕事をしている上でも、
    依頼者がどのように暮らしていきたいと思っているのか・・さらにはどんな風に生きていきたいと思っているのか・・という事までお話を伺って、「その人がそこに住むからこそ生まれるオリジナルの空間づくり」が出来るよう心がけています。



    松田)例えば、これまでどのようなインテリアを提案されて来たのか、具体的に教えて頂けますか?

    上原さん)例えば、
    お子さんのいらっしゃる共働きのご夫婦で、「家に帰ったらなるべく子供と一緒に過ごしたい。」と思っていらっしゃるご夫婦には、リビングに勉強スペースを作る事をご提案しました。
    リビングに勉強スペースを作ることが親子のコミュニケーションの時間を増やすはもちろん、子供が自主的に勉強できる空間づくりにも繋がったかなと感じています。

    松田)リビングに勉強スペースを作ることが、子供が自主的に勉強できる空間づくりにつながるんですか??

    上原さん)はい!私も2人の子供を育てているので分かるんですが、子供部屋で子供って中々勉強しないんですよ(笑)
    親の近くですとか、皆が見守ってくれているような、生活音が聞こえて来る場所の方が、勉強できるんですよね。
    親も子供の存在をすぐ近くに感じられて、分からないところがあれば、すぐに教えてあげられますし・・。
    ですので、リビングの一角にちょっとしたカウンターを作って、子供たちが勉強できるスペースをご提案した事があります。

    松田)それは、「ダイニングテーブルで勉強する」のではなく、ダイニングテーブルとは別に、勉強できるスペースを作った方が良いのでしょうか

    上原さん)いえいえ、「
    食事をするダイニングテーブルで勉強」というスタイルでも良いと思います
    ただその場合お客様が来ても慌てなくて済むように、勉強道具一式を収納できるキャスター付きの棚を用意しておいて、お客さんが来た時や、勉強以外の時は、ゴロゴロっと勉強道具一式をすぐ移動させられるようにしておくと、お部屋もスッキリします!

    松田)お子さん自身の勉強のスイッチのオン、オフにもつながりそうですね!



    松田)他にもなにか「オリジナルの空間づくり」をするうえでアドバイスがあれば教えて頂けますか?

    上原さん)私は「アートを取り入れる事」を良くご提案しています。

    松田)アート・・ですか・・??ちょっと難しそうな気が・・。

    上原さん)いえいえ!例えば、カレンダーとかでも「この絵素敵!」「この写真素敵!」と思う事がありますよね?その時は、そのカレンダーのページを切り取って、額に入れて飾れば良いんです!
    あとは、自分の好きなポストカードや旅行で買った民芸品を飾るのも良いと思いますよ!

    松田)なるほど!私、旅行にいくと自分へのお土産にポストカードを買ってくることが多くて、そのポストカードをリビングやトイレに飾っているんですが・・もしかして私、アートなオリジナルの空間づくりが出来ています??

    上原さん)出来てます!その人の背景が分かる素晴らしい空間づくりだと思いますよ!!
    ピシっと片付いていて「どんな人が住んでいるか分からない」という空間よりは、「この人旅行が好きなんだな~」といった好みや趣味が分かる空間はとっても素敵だと思います!

    松田)ただ、そういう好きなものを飾る事で、部屋がごちゃごちゃして落ち着かなくなってしまう事もあると思うんですが・・?

    上原さん)ですよね!なので、「このアートを主役にする!」「このアートを飾る!」というのを先に決めて、そのアートが引き立つようにそれ以外の家具をベージュとか茶色とか落ち着いたトーンの物で揃えると、オリジナリティのある・・それでいてごちゃごちゃしていない落ち着いた空間が実現できますよ



    4月からの新生活に向け家具選びをしているという方・・
    また模様替えをしようとしている方・・
    良ければ参考にしてみて下さい♬

    また、もっと上原さんに話を聞いてみたいと言う方は、
    上原さんが専務取締役を務める有限会社ムーブプランニング
    HP⇒http://move-planning.com/home/index.html?refs=http://search.yahoo.co.jp/ 
    ℡⇒098-860-3202
    mail⇒ info@move-planning.com

    もしくは上原さんが会長を務める沖縄県インテリアコーディネーター協会までお問合せ下さい♬
    http://ic-okinawa.com/prof/makiko_uehara/mail.php 

    今回のFinerは上原牧子さんでした!

<<一覧へ戻る