>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • 5月3日(水)~のメッセージテーマ「フリー」

  • 大型連休の後半が今日からスタートしますね!

    エフエム沖縄の近くでは内間西公園を中心に、地元住民らによる
    手づくりの鯉のぼり4000匹余が天高く泳ぐ内間てづくり鯉のぼりまつりが
    開催中です。園児や児童らがデザインした700匹余の個性豊かな作品を含め、
    安謝川にたなびく姿は圧巻です。その他にも本部町渡久地ではかつおのぼり
    八重瀬町港川ではトビウオのぼりがたなびいているようですね。

    うりずんの風の元気よく泳ぐその姿に爽やかな気分をもらえますね。
    お天気が気になるところですが、是非楽しい大型連休お楽しみください。

    さて今日の話題。
    7時台:西田さんが拓南製鐵の工場見学をレポート
    http://fmokinawa.co.jp/posts/009/detail.php?id=25795







    8時20分~福州園でコスプレが人気??

    8時43分~首里城公園「琉球王国の模様~花鳥風月の楽しい~」にいってきました!

    今回は黄金御殿と南殿特別展示室両方を使っての豪華な企画展となっていて
    漆器や着物、掛軸にえがかれた琉球王朝時代の花鳥風月を味わえる展示と
    なっているのですが、、、私が一番印象に残ったのが『書』でした。

    今回初展示となる『尚慎書』という漢詩。(今回は特別に撮影させてもらいました)



    冬景色の庭先が春風によって一瞬にして春になった喜びと美しさを詠んだものなのです。
    これを花鳥風月を描いた掛け軸や漆器、着物を見た後によむと実に味わい深いのです。
    沖縄にないはずの椿や牡丹。春夏秋冬四季折々の営み。きっと伝え聞いたり、書を読む
    ことでしか知らなかったであろう四季の移ろいを、羨望と想像をもって読んだのだろうな
    と考えるとなんとも味わい深いのです。

    取材を終えてすぐに帰るはずがもう少し首里の風に吹かれていたくて、、、
    首里杜館でランチ冷やしサクナそばセットを頂き、その余韻を楽しみましたよ。


    この企画展は7月までの開催ですが、私はうりずんの風薫るこの季節が一番おすすめです。
    どうぞ企画展をご覧になったあとは、首里杜館でのお食事もいいですが、鎖の間でゆっくり
    お茶を飲みながら
    お庭を眺めて欲しいです。きっと見えてくる景色が違うと思います。

    ゴールデンウィークに是非お出かけください。ちなみに11時から14時くらいが比較的ゆっくり
    鑑賞できるそうです。あと5月5日の子どもの日は中学生以下の入館料が
    無料なんですって!

     首里城公園のホームページはこちら http://oki-park.jp/shurijo/



<<一覧へ戻る