>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer 大石林山スピリチュアルツアーガイド 喜瀬慎次さん「沖縄の山・大石林山の魅力」

  • 毎週火曜日にお届けしています"Finer"

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方、
    いわゆる「ファイナー」をご紹介しています。

    今回のFinerは・・
    大石林山 事業所長で
    スピリチュアルガイドツアーのガイドとしても活躍されています喜瀬慎次さん!



    松田礼那)今週金曜日8月11日は「山の日」ですが、大石林山は沖縄の代表的な「山」ですよね!

    喜瀬慎次さん)そうですね!でも、沖縄の魅力と言えば「海」を一番に挙げる方が多くて、「山」は中々「沖縄の魅力」として認識してもらえていないんです・・。
    こんなに素晴らしい山がある事を地元の方にもっと知って欲しいです!正直「宝の持ち腐れ」ですよ!


    松田)では改めて、
    「大石林山」の魅力を教えて頂けますか?

    喜瀬さん)大石林山は「熱帯カルストの世界最北限」で、切り立ったゴツゴツしている岩が特徴です。
    ただ「単なる石の山」とは思わないで下さい!ものすごく巨大な石や、動物の形をした石など、特徴的な「奇岩巨石」が沢山あります。

    その石と植物のバランスが最高に良いです!
    ガジュマルやソテツもすごく多くて、おそらく樹幹日本一と思われる巨大な「ウガンガジュマル」もあります。
    見どころ満載ですよ!!





    松田)また、大石林山は「聖地」「パワースポット」というイメージも強いですよね?

    喜瀬さん)はい!「安須森御嶽(アシムイウタキ)」の麓にあるのが大石林山なんです。
    「アシムイウタキ」は神様が、島づくりをした後、沖縄で一番最初に作った聖地・・と言われている場所です。
    「沖縄最初の7御嶽」と呼ばれる場所が今帰仁や南部にありますが、その筆頭となる場所が「アシムイウタキ」です。

    松田)昔から「聖地、御嶽」として親しまれて来たんですね!

    喜瀬さん)はい!ですので、大石林山にはユタが通り続けて出来た道があります。
    獣が通り続けて出来た道を「獣道」と言いますが、ユタが通り続けて出来た道を「ユタ道」と呼んでいます。
    この「ユタ道」が今の大石林山の4つのコースになっているんです!

    松田)ユタが通い続けて出来た道ですから、コースの至るところに、パワースポットと呼ばれる場所がありそうですね!

    喜瀬さん)はい!
    身体の調子を整えてくれると言われている「骨盤石」。
    1回まわると過去の悪いものを捨て、2回でリセット、3回で好転させてくれる・・と言われている「輪廻生まれ変わりの石」など様々な特徴を持った石があります。
    また、この「骨盤石」と「輪廻生まれ変わりの石」はセットにすると、「誕生石」と呼ばれ、子宝に恵まれると言われています。

    松田)不思議なパワーを持った石が沢山あるんですね!

    喜瀬さん)はい!「病気が治った」「赤ちゃんを授かれた」という方もいらっしゃいます。


    ↑骨盤石


    ↑輪廻生まれ変わりの石

    松田)そして、喜瀬さんは「スピリチュアルガイドツアー」という新たなコースもつくられたそうですね?

    喜瀬さん)はい。こういったスポット1つ1つに不思議な力を感じているのはもちろんですが、実は「神社」のような一連の流れがある事に気が付いたんです!

    松田)神社のような一連の流れ・・ですか??

    喜瀬さん)神社には、「清め池」「鳥居」「長い階段」「2つ目の鳥居」そして「本殿」という流れがありますよね。
    それと全く同じものが、大石林山の中に、自然の力で出来ている場所がある・・という事に気が付いたんです!!

    「身を清める拝所」「大きな岩が向かい合って門の形をしている場所」「長い試練坂」「2つ目の大きな石の門」・・神社と同じ流れがあったんです!

    沖縄でも他の場所では、このような光景は見たことが無くて、これは是非紹介するべきだと、この「スピリチュアルガイドツアー」を作りました。



    松田)今、喜瀬さんのお話を伺っているだけでも、「すごい!」と鳥肌がたってきました。

    喜瀬さん)ありがとうございます。私自身、大石林山に関わるようになってから、26年経ちましたが、新しい発見や感動の連続で、大石林山に夢中になっている1人です!

    松田)例えば、どのような新しい発見がありましたか?

    喜瀬さん)実は、私昔から疑問に思っていたことがあって・・。
    沖縄では「台所の神様・火ぬ神に手を合わせたら、家族皆が健康に暮らせるよ」と言われていますが、「え?他に理由はないのかな?」と思っていました。
    また「トイレに神様がいるから、トイレは綺麗にしなさいよ」と言われても、「それなら用を足さなきゃいいのに!」と思っていたんです。
    けれども、その疑問の答えが、大石林山に関わるようになって見つかりました!

    松田)どのような答えが見つかったんですか?

    喜瀬さん)「台所って何する場所か」と言うと、「他の命をさばく場所」ですよね。「食事をつくる所」というのは人間目線の答えです。
    つまり、火ぬ神に手を合わせるのは、「犠牲になった生き物たちに詫びを入れ、感謝して、火ぬ神と一緒に天に上がってもらう」と考えた方が、納得できると思いました。

    また「トイレの神様」は、私たちは形あるものを食べて、胃や腸で分解するので「トイレ=命の終わり」ですよね?
    せめてその最後のトイレは、綺麗にして、感謝して、お見送りをしましょう・・命の最後を見届けましょう・・という意味があると考えました。

    松田)なるほど!納得です!!

    喜瀬さん)こういった私自身が
    大石林山で発見した事、感じた事を今後も伝えて行けたらと思っています。

    松田)そうですね。まだまだ大石林山では新しい拝所・動物・植物の発見も続いているという事ですから、大石林山は今後もますます発展していきそうですね!

    喜瀬さん)ありがとうございます。
    ただ、私は子供の頃、母から、「聖地(御嶽)は神様が住む場所で、遠くから仰ぎ見るものだよ。人間が立ち入っちゃいけないよ。」とも教えられています。
    今後もその教えを大切に、沢山の人に入ってもらえる場所、立ち入らず静かに保存し続ける場所・・その線引きをしっかりとして、地元の人達からも愛され続ける場所として残していきたいと思っています!

     


    沖縄の代表的な山・大石林山!行かないともったいないですね!
    是非訪れてみて下さい!

    今回のFinerは大石林山の喜瀬慎次さんでした!

<<一覧へ戻る