>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer 赤ちゃん先生プロジェクト・ママ講師 髙木利恵さん「赤ちゃんから学んで」

  • 毎週火曜日にお届けしています"Finer"

    志を持って頑張っている方、
    誰かに
    fine!を届けようと活動している方、
    いわゆる「ファイナー」をご紹介しています。

    今回Finerは2歳の息子さんと一緒に「赤ちゃん先生」として活躍されています髙木利恵さんです!


     
    松田礼那)「赤ちゃん先生プロジェクト」とはどういったものなのか教えて下さい。

    髙木利恵さん)「赤ちゃん先生プロジェクト」とは・・
    赤ちゃんが「先生」お母さんが「ママ講師」となって、一緒に学校や高齢者施設を訪れ、赤ちゃんと触れ合う時間を持ってもらうことで、命の大切さや子育ての知恵を伝える・・というプロジェクトです。
    2007年に神戸で始まって全国に広がり、今年の夏沖縄でも始まりました!



    松田)例えば、高齢者施設に赤ちゃん先生が行くと、どのような反応がありますか?

    利恵さん)「赤ちゃんと触れ合うことで、生きる気力がわいた!」「笑顔になれた!」という声を頂いています。
    笑顔になられた高齢者の方々を見ていると、「あぁ子育てをしてきて良かった」と私たちも元気を頂いています。
    また、言葉も話せないのにみんなを笑顔にする赤ちゃんの力って、計り知れないな・・とも感じています。



    松田)
    学校に行くこともあるんですか?

    利恵さん)はい!
    命の大切さを伝えて、いじめを無くすことにつながったり、赤ちゃんを育てる大変さがわかって自分の親の愛情を感じたり・・さらに今後いつ赤ちゃんをもつのがベストなのか・・といった将来のことを考えるきっかけにもなっています。

    松田)私も実は先日、読谷村で「赤ちゃん先生」の講座、受講させて頂いたんですが、子供たちと遊んでいると、コンタクトは外れるし、髪の毛はボサボサになるし・・「子育てってこんなに大変なんだ!」と思いました。

    利恵さん)はい、もちろん喜びもありますが、とっても大変です。なので、子供が生まれると、どうしても子供優先、子供第一になってしまうんです!

    松田)この「子供優先」「子供第一」で、すねてしまう旦那さんもいらっしゃるみたいですね?

    利恵さん)そうなんですよ・・だからこそ、男性にも「赤ちゃん先生」を通して、前もって、赤ちゃんがいる生活をイメージしてもらって、心の準備をしてもらう事が大切だと思います。
    これからは共働きの家庭も増えていくでしょうから、パートナーの協力が不可欠で、子供が生まれる大変さを、前もって男性にも知ってもらう事で格段の差が生まれると思います。

    松田)そうですね、私も友達から子育ての話を聞いていましたが、話を「聞くだけ」なのと、実際に「体験してみる」のとでは、全然違うなぁ・・と思いました!

    利恵さん)はい!「体験すること」が大切なんです!



     
    松田)「先生」として活躍する赤ちゃん自身や、「ママ講師」のお母さん達には、何かプラスになることはありますか?

    利恵さん)沢山あります!
    例えば、活動する中でママ友ができて、子育てで孤独を感じることがなくなります。
    また、子供の成長を感じられる機会も増えます!私の子供も「人見知り」で悩んでいたんですが、赤ちゃん先生プロジェクトの活動を通して、いろいろな世代の方々と触れ合うことで、「人見知り」も徐々に気にならなくなってきました!



    松田)「赤ちゃん先生」として活躍する赤ちゃんやお母さんは、謝礼を頂くことも出来るんですよね?

    利恵さん)はい!好きな時間に働ける「お仕事」です!
    現在、0歳~3歳のお子さんと、そのお母さんたちを「赤ちゃん先生」と「ママ講師」として募集しています。
    また4歳以上のお子さんをお持ちのお母さんには「トレーナー」として活動に参加していただけます。
    皆さんからの募集お待ちしています!

    <赤ちゃん先生プロジェクトお問い合わせ先>
    「ママの働き方応援団 沖縄校」
    メール okinawa@mamahata.net
    HP  https://www.mamahata.net/
    Facebook   https://www.facebook.com/mamahataokinawa/

    もしくは今回のFinerの髙木利恵さんの連絡先
    電話番号 090-6860-5749
    Mail r.takagi.mamahata@gmail.com

    <ママ講師になるには>
    座学6時間。小児用救命救急3時間。実習1回。
    料金¥37,260(育休中の方は¥26,460)


    今回
    Finerは赤ちゃん先生プロジェクトのママ講師として活躍されています髙木利恵さんでした!

<<一覧へ戻る