>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer コミュニケーションスタイリスト吉戸三貴さん

  • 毎週火曜日にお届けしていますFiner

    志を持って頑張っている方
    誰かをFine!にしようと活動している方
    いわゆる「Finer(ファイナー)」をご紹介しています。

    今回のFinerはコミュニケーションスタイリストの吉戸三貴さんです。







    (松田礼那)「コミュニケーションスタイリスト」とは具体的にどういうことをされているんですか?

    (吉戸三貴)コミュニケーションの課題をクリアするお手伝いをしています。
    「商品を売りたい」「新しいお客さんに来てほしい」「自分を知ってほしい」と思った時、コミュニケーションは欠かせないですよね。

    ただ、コミュニケーションは意外に難しいんです。
    「自分の伝えたいことが、なぜか相手に伝わらない」
    「相手が誤解してしまった」
    「自分が伝えたいイメージと、相手が受け取るイメージが違う」
    という事は度々起こります。

    そういった課題をクリアして、自分の魅力を分かってもらうためには
    「自分はどうなりたいのか」という目指す方向性
    「自分らしさ」「自分が譲れない事」「やりたいこと」をはっきりさせる必要があります。

    商品の魅力を知ってもらうためにも、
    「その商品をどうしていきたいのか」という目指す方向性
    「その商品の魅力」や「価値」をはっきりさせておく必要がありますので、
    私が一緒にお話ししながら解きほぐしていきます。


    それから、その魅力や価値を伝えるにはどう発信するのが良いかを考えます。
    初めから1~10まで伝えようとすると、伝わらないので、「まず何を伝えるのか」絞ります。
    何を目立たせればいいのかを考えるんです。

    そして、どんな言葉で、誰に伝えていけば良いのか、
    どんなツールを利用すれば良いのか考えます。



    (松田)相手に誤解なく、自分の事や商品の事を知ってもらいたいと思うと、自分自身がその価値や目指す方向性をはっきりさせておく必要がありますし、どんな言葉でどう伝えればいいかも考える必要があるんですね。


    (吉戸さん)はい!私は中小企業や女優さん・タレントさんにもアドバイスさせて頂いていますが、最近は「SNSを利用して魅力を発信しようと思うんです!」という声が多いです。
    けれどSNSは「ただ呟けばいい」「写真をアップすればいい」というものではありません。
    目指す方向性や価値をまず整理して、どんな言葉で誰に伝えていけば良いかを、考える必要があります。




    (写真提供:仕事旅行社)



    (松田)こういったお仕事をされている吉戸さんは、やはり昔からコミュニケーションについて深く考えられてきたんですか?

    (吉戸さん)昔から、極度の人見知りで、コミュニケーションが苦手だったからこそ、「コミュニケーションって?」「人に自分の思いを伝えるにはどうしたら良いんだろう??」と考える機会は多かったと思います。
    けれど、一番大きなきっかけは「フランス留学」です。

    (松田)フランス留学!おしゃれですね!!

    (吉戸さん)いえ・・大変だったんですよ。実は、フランスに留学中に、なんと大家さんの脱税に気が付いてしまって・・・。

    (松田)え!?どうされたんですか??

    (吉戸さん)「あなた脱税してるでしょ!?」ってズバっといいました。

    (松田)ストレートに言っちゃったんですか?

    (吉戸さん)はい、まずいですよね・・当然そこから大家さんとのバトルが始まりました。
    大家さんは暖房を切ったりして、なんとか私を追い出そうとするわけです。
    けれど、私は敷金なども返されないまま、追い出されるわけには行かないので、辞書を引きながら、必死に説得しようと、抵抗しました。


    この時、「あれ?今までの私は【伝えたつもり】だったでは?」と気が付いたんです。

    キャッチボールをしていて、自分は相手にボールを投げたつもりでも、実は真ん中で落ちている。
    相手まで届いていない。
    だから、相手からも自分が想定するような反応は帰ってこないのでは!?と感じました。

    「相手までボールが届かないと、自分はなにもしていないのと同じ」
    「相手が理解しないと、何も言っていないのと同じ」・・なんですよね


    そこから、「自分は言ったつもり」で済ませるのではなく、
    相手に伝わっているか・・しかも自分が思った通りに!
    というのを意識するようになりました。


    (松田)なるほど!自分の言いたいこと、伝えたい事を他人まで届けるにはどうしたら良いかを、試行錯誤されてきた吉戸さんだからこそ、今、コミュニケーションで悩む人たちのお力になれているんですね!






    (松田)これまでのコミュニケーションスタイリストとしてのお仕事を教えて頂けますか?


    (吉戸さん)例えば、アロマのお仕事をしている方にアドバイスさせて頂きました。
    この方は、周りに求められるがままにマッサージやセラピーなど色々な事をされていたんですが、
    はたから見ると「アロマの人・・・・でも何のプロ?何が出来るんだっけ?」と印象がぼやけてしまっていました。

    そこで、目指す方向性などを一緒に考えたうえで「香りのデザイナー」に絞り、世界観を作っていきました。

    すると、「あなたにお願いしたい!」という依頼が増えて、今や大手企業やアーティストさんからの依頼も殺到しています。





    (写真提供: TOMOKO SAITO aromatique



    (松田)「絞って伝える事」って大切なんですね!

    (吉戸さん)そうなんです!沖縄のお店を紹介するリーフレットなどを拝見すると、
    「内容盛りだくさん!素敵なお店!!・・・・けど結局何のお店??特徴は??一言でいうと??」
    というものを時々見かけます。

    沖縄には素敵な商品やサービス、人で溢れているのに、もったいないです!

    私は、沖縄で「その人の魅力を引き出す洋服を選ぶ」ように
    「その人や商品の魅力を引き出し、伝えられるコミュニケーション」をスタイリングしていけたらと思っています。





    吉戸さんは、中小企業や個人事業主の方々、また女優さんやタレントさんなど幅広く
    「自分のお店の商品、サービスを知ってもらいたいけれど、発信の仕方が分からない」
    「どうPRしたらいいか分からない」
    「自分が持って貰いたいイメージと、世間のイメージが違う気がする」と言った悩みに答えて下さいます。

    是非お気軽にご相談下さい♪



    <吉戸さんのHP>
    omotesando-style.com/


    <吉戸さんの連絡先>
    ask@omotesando-style.com

<<一覧へ戻る