>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finer 琉球忍者・當山さん「沖縄の歴史を感じられる沖縄ならではの忍者ショー」

  • 毎週火曜日にお届けしています"Finer"

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方、
    いわゆる「ファイナー」をご紹介しています。

    今回のFinerは「琉球忍者」の當山遼さんです。


     

    松田礼那)2月22日は「にんにんにん」で「忍者の日」ですね!當山さんは「忍者」なんですよね!?

    當山遼さん)はい、大学生でありながら、忍者でもあります。
    読谷村残波岬にあるレキオスシアターという所で、毎週金・土・日曜日に「忍者ショー」をさせて頂いています。

     



    松田)正直「忍者=沖縄県外の存在」というイメージがあるんですが・・?

    當山さん)いいえ、沖縄にも昔、忍者のような「諜報活動」「隠密活動」をしていた人たちが実際にいたんです。

    例えば、「にんぶちゃー」という亡くなった人に念仏をあげる人達は、沖縄各地を回り弔いをしながら、地域のうわさ・人間関係を水面下で諜報し、有益な情報は首里王府に提供し、お金をもらっていたと言われています。

    松田)私
    「忍者」というと、伊賀など「県外」のイメージが強かったんですが、実は沖縄に住む私たちにとっても「忍者」は決して遠い存在ではなかったんですね。


    當山さん)そうなんです!そして僕たちは、こういった「沖縄ならではの忍者」を表現するため、様々な工夫をしています。

    例えば、空手・古武術を組み込んでいることが一番の特徴です。
    「トンファー」「サイ」「ヌンチャク」といった、昔は琉球古武術で使われていたけれど、今はどんどん忘れ去られているような武器も積極的に取り入れています。

     


    松田)え?ヌンチャクも中国ではなく「琉球古武術の武器」なんですか?

    當山さん)はい、「ヌンチャクのもとになった武器」は中国にありましたが、それが流れてきて、「ヌンチャク」になったのは沖縄に来てからです。

    松田)へ~!知らなかったです!!

    當山さん)そうですよね!漫画などで武器自体は見た事があっても、「これが沖縄の武器とは知らなかった」という声もよく頂いています。

     


    松田)他にも「沖縄ならではの忍者」を表現するため、工夫されている事はありますか?

    當山さん)沖縄には「3つの宝剣」と呼ばれる刀があります。
    忍者ショーのストーリーは、その宝剣のうちの1つ「治金丸(ちがねまる)」にまつわるストーリーになっています。

    「京阿波根(きょうあはごん)と治金丸」という説話をもとにしていて、
    京阿波根が治金丸を京都に研ぎに行き、最後に京阿波根が暗殺されてしまうんですが、そこで「忍者」が暗躍していた!!
    という解釈をして、ストーリーにしています。

    松田)中々、沖縄に住んでいても、そういった刀の存在や、刀の裏にある物語を知る機会はありませんから、エンターテインメントを通して知ることが出来るのは、良いですね!

    當山さん)ありがとうございます!
    今後は他の2つの宝剣「千代金丸」や「北谷菜切」のストーリーのショーも作っていきたいと思っています。

    沖縄の方達でも、あまり知らない事を、自分たちが分かりやすくショーにして、沖縄の文化・歴史により興味を持っていただけたらと嬉しいです。

    また沖縄は「夜に楽しめるエンターテインメントが少ない」とも言われていますよね!?
    僕たちは、沖縄を代表する夜のエンターテインメント。
    さらに国籍・年齢問わず楽しめるノンバーバルのエンターテインメントとしても、これから活躍していきたいと思っています。


    琉球忍者の方達のステージは、毎週金・土・日曜日、
    読谷村にある「レキオスシアター」で夜7時15分から開演しています。
    観客数人がステージに上がり、忍者体験が出来たり、
    観客の反応でストーリーが変わるなど、
    参加型で楽しめる楽しいショーです!

    <公演>
    開場19時 開演19時15分(公演時間1時間)
    料金 大人2500円 中学生以下1000円


    手裏剣や吹き矢体験ができるコーナーもありますので、「忍者になりきってみたい!」という方、また楽しく沖縄の歴史に触れてみたいという方、是非、お問合せをして遊びに行ってみて下さい!

    公演やアクティビティの詳細は「琉球忍者HP」へ
    ⇒https://www.ashibi-ent.com/

<<一覧へ戻る