>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Fine 温泉ソムリエ宮城左代子さん「温活で免疫力アップ!正しい入浴法知っていますか?」

  • 毎週火曜日にお届けしています"Finer"

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方、
    いわゆる「ファイナー」をご紹介しています。

    今回のFinerは、温泉ソムリエの宮城左代子さんです。


     

    松田礼那)さよこさんは「温泉ソムリエ」としてどういった活動をされているんですか?

    宮城さよこさん)温泉ソムリエとして、温泉の魅力や、正しい入浴法、身体を温める大切さを伝える活動をしています。

    松田)やはり昔から「温泉」や「湯船につかる事」がお好きだったんですか?

    さよこさん)はい!母が温泉好きだったこともあって、小さい頃から温泉に入る事も湯船につかる事も大好きでした!食卓に飲泉用の温泉があって「体にいいから飲みなさい!」と言われていたほど身近なものでした。

    18年前、東京から沖縄に引っ越してきたときには、シャワーしかない部屋にビックリして自分でホームセンターまで浴槽を買いに行ったほどです(笑)

    松田)ご自身で、浴槽を買いに行かれたんですか!?それほど「湯船につかる事」がお好きだったんですね!
    では、「温泉ソムリエ」の資格を取得するきっかけも、その「好き」という気持ちが高じて・・という事でしょうか?

    さよこさん)もちろんそれもありますが、30歳の頃「温活」を意識し始めたのも、資格取得のきっかけになりました。

    30歳の頃、「そろそろ赤ちゃんを授かりたいな」と思い、不妊治療にも通っていたのですが、中々授かれず、病院では「原因が分からない」と言われて悩んでいました。

    そんな時、鍼灸の先生に「体が冷えている」と言われ、ようやく「冷え性」を自覚したんです。

    また30歳を過ぎてから、肌荒れ、便秘、肩こり、生理痛、イライラなど様々な体調不良にも悩んでいました。
    そこで「温活(意識的に体を温める事)をやってみよう!」と思ったんです。



    松田)たださよこさんは、ホームセンターに自分で浴槽を買いに行かれるほど、「湯船につかる事」がお好きだったんですよね?20代から「温活」は意識されていたのでは・・??

    さよこさん)確かに湯船につかる事は好きだったんですが、私、入浴方法を間違えていたんです!

    松田)湯船にただつかるのではない、「体を芯から温めるための入浴法」があるという事でしょうか?

    さよこさん)その通りです!
    温泉ソムリエ協会では「40度~41度」のお湯に「分割湯」で入ることを勧めています。

    分割湯は「温泉マーク」を思い出してみて下さい!




    3回に分けて、真ん中を一番ながく・・
    「ほどほど5分」「じっくり8分」「さっと3分」で入ってみて下さい。

    まずかけ湯をして、「ほどほど5分」入る。
    身体や髪を洗ったあと「じっくり8分」入る。
    そして水分補給などをしたあと「さっと3分」入る。

    これで、深部体温が1度上がって、免疫力も基礎代謝もアップします!!
    私もこの入浴法を実践するようになってから、色んな体調不良が楽になりました!

    松田)「40度~41度のお風呂に3回に分けて入る」ですね!私もやってみます!!

    たださよこさん・・。これから沖縄ますます暑くなりますよね?それでも湯船につかる事は大切ですか?

    さよこさん)はい!夏でも湯船につかる事は大切です。
    なぜなら、沖縄はもうそろそろスーパーやカフェでクーラーが効き始めますよね?さらに冷たい物を飲む機会も増えます。
    そうすると、身体は冷えてしまうんです。
    是非夏も一日の終わりには、身体を温めてあげて下さい!
    それは「心を温める事」にもなりますから!

    松田)え?身体を温めると、心も温まる・・逆に、体が冷えると心も冷えてしまうという事でしょうか??

    さよこさん)はい!私も鍼灸の先生に「身体の冷えは、心の冷え!気を付けて!」と言われた時は、「どういう事だろう?」と思いました。

    けれど今から振り返ると、冷え性で悩んでいた30歳の頃は、看護師としての仕事がとても忙しく、妊活のストレスも大きくて、心が冷え切っていたのだと思います。
    湯船につかっても2分~3分と忙しさに振り回され、「こうしなければならない」という考えに縛り付けられて、苦しかったです。

    今では、ゆっくり湯船につかって体を温めると、心もほぐれるのを感じています。
    「こうしなければならない」という考えがほぐれて、仕事も妊活も心に余裕をもって取り組めるようになりました。

    こういった自分自身の変化を「湯船につかる事」で感じているからこそ、日々頑張っているすべての人に、是非湯船につかってほしいです!

    自分自身を大切に!頑張っている自分を褒めてあげて下さい!
    その第一歩が「湯船につかること」だと思います。


     

    今日ご案内した入浴法の他にも、入浴のポイントや県内、県外の温泉の魅力や特徴をさよこさんはご存知です。

    例えば・・
    県内の多くの温泉はミネラルが豊富で「温まりの湯」と言われている事、ご存じですか?

    県内のそれぞれの温泉の魅力や特徴ご存じでしょうか?

    もっとさよこさんのお話を聞いてみたい方は、是非来週火曜日の講座にお出かけ下さい♬

    <第88期 琉球新報女性サロン「温泉・入浴でキレイになろう!」>
    日程:4月17日火曜日
    時間:開演14時 終了16時
    会場:ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー
    (那覇市泉崎2-46)
    料金:7000円
    問い合わせ:琉球新報社事業局 098-865-5255

<<一覧へ戻る