>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • Finerチネイザンセラピスト・yukiさん「怒りや悲しみは内臓に溜まる!」

  • 毎週火曜日にお届けしています"Finer"

    志を持って頑張っている方、
    誰かにfine!を届けようと活動している方、
    いわゆる「ファイナー」をご紹介しています。

    今回のFinerはチネイザンセラピストのYukiさんです。



     

    松田礼那)Yukiさん「チネイザン」って何ですか?

    Yukiさん)「チネイザン」は、中国語の「チ=氣(エネルギー)」「ネイザン=内臓」から成り立つ言葉で、タイのチェンマイ発祥の「世界最強」とも言われる、腹部のデトックスマッサージです!

    松田)初めて聞きました!Yukiさんはどうやって「チネイザン」と出会われたんですか?

    Yukiさん)私は以前、ストレスによる過食とお酒の飲みすぎに悩んでいました。
    なんとか止めたいと「断食合宿」にも参加していたんですが、家に戻ると繰り返してしまって「むしろ合宿に行く前より内臓が疲れているなぁ・・」と感じていたんです。

    そんな時、経絡ヨガの先生に「『チネイザン』という世界最強のデトックスマッサージがタイのチェンマイにあるよ!」と教えて頂きました。

    この情報を聞いて、1週間後には飛行機のチケットをとって、チェンマイに向かってました(笑)

    さらに施術も受けて感動したので、そのままタイに留まって資格を取得して帰ってきました(笑)

    松田)すごいですね!!よっぽど施術が良かったという事ですね!?

    Yukiさん)はい!表現するなら、内臓を全部とって、内臓専用の洗濯機に入れて、真っ白にして、戻してもらったような感覚になりました!

    さらに施術中にこれまで抱え込んできた感情が、走馬灯のようによぎって、頭も心もスッキリして「これすごいぞ!」と感じたんです。

    まるで生まれ変わったような感覚になりました!





    松田)内臓だけではなく、頭や心も、スッキリ軽くなったんですか?

    Yukiさん)はい!チネイザンは「心と身体を同時に癒せる」のが最大の特徴です!

    松田)え?チネイザン=腹部のマッサージ・・ですよね?
    腹部のマッサージで「心と身体を同時に癒せる」んですか??

    Yukiさん)はい!チネイザンでは、「未消化の感情は内臓に蓄積していく」と考えます。

    例えば、カーっと来ても言葉にも態度にも出さず、押し殺した「怒り」は「肝臓」に蓄積されます。
    「不安」「悩み」は「胃」に。
    「悲しみ」は「大腸」に蓄積されていくんです。

    松田)ん~私たち、大人になると、感情を押し殺して、笑ってごまかす事が増えていきますから、感情が未消化のまま、内臓にたまっている方、多いでしょうね!

    Yukiさん)そうなんです!感情を言葉にしたり、態度に出せれば、消化できますが、押し殺してしまうと未消化のまま内臓にたまっていきます。
    その内臓にたまってしまった感情のせいで、お腹が固く冷えて、不妊症や若年性更年期障害につながっている方もいらっしゃいます。

    松田)内臓にたまった感情が、身体の不調につながっているんですね!?

    Yukiさん)はい!けれど逆に、お腹へのマッサージで内臓にたまった感情を外に出すと、内臓・身体の調子も整えることが出来ます!

    松田)え??お腹をマッサージするだけで、内臓にたまっていた感情が外に出てくるんですか?

    Yukiさん)はい!例えば大腸には「悲しみ」が蓄積する・・と言われています。
    なので「大腸の部分」をマッサージすると、自然と涙が出てきたり、悲しみが言葉になって出てくるんです。

    松田)「話そう!」と思っていなくても、自然と言葉が出てくるんですか?

    Yukiさん)はい!前回のワークショップでも、大腸の部分をマッサージした途端、涙を流して、ご友人が死の宣告を受けた事を、口にされた方がいらっしゃいました。

    その悲しい事態をすぐに変える事はできませんが、このように「感情を表に出す事」が実はとても大切です。

    なぜなら「言える」=「癒える」だからです。

    松田)「自分の悲しみ、不安を言葉にする事」が「自分自身を癒す事」につながるんですか?

    Yukiさん)はい。言葉にする事で、受け止め方が変わります。
    自分の置かれている状況を客観的に見られるようになって、
    「この不安を解消するためにはこうしよう」というように、ポジティブな方向に行動できるようになるんです。




    松田)「腹部のマッサージ」というと具体的にどのように行うんですか?

    Yukiさん)腹部の「反射区」をマッサージしていきます

    松田)「反射区」・・ですか??

    Yukiさん)はい!例えば足裏マッサージで「ここ痛いですか?あぁ・・腎臓が弱っていますね」というやりとりがありますよね?

    あれと同じように・・
    「肝臓」は「右わき腹下」
    「胃」は「左わき腹下」
    「大腸」は「股関節のあたり」
    といった「反射区」があるんです。

    内臓そのものではなく、お腹の「反射区」をマッサージしていく事で、ため込んだ感情を外に出して頂きます。

    松田)なるほど!この反射区を知っていれば「あれ?自分の左わき腹下を触ると、固いし、痛いぞ・・!もしかしたら胃に不安、悩みがたまっているのかもしれない!」と自分の状態に気づくことが出来るんですね!

    Yukiさん)はい!そして胃の反射区をマッサージしているうちに「何を不安に思っているのか」もハッキリ言葉にできるようになります。





    松田)
    お腹をマッサージすることで自分の今の心の状態に気づけたり、内臓にため込んでいた感情を外に出して、内臓も心も癒すことが出来る「チネイザン」!私も受けてみたくなってきました!!

    Yukiさん)ありがとうございます!
    最近は「若年性更年期障害」と呼ばれる方も増えてきていますが、身体がほてる、疲れやすい、何も食べていないのに太る・・といった症状は、内臓に感情が蓄積されて、気(エネルギー)がうまく循環していないから・・・という可能性もあります。

    また、チネイザンをやっていただければ「何かよく分からない不安感に押しつぶされそう・・」という事もなくなるはずです。

    心と身体を元気にしたいという方・・・
    かつての私のように過食で悩んでいる・・という方にもチネイザンはお勧めです!

    来週の土・日、どちらかの講座を受けて頂ければ、自分で自分を「チネイザン」でケアすることもできるようになるので、興味のある方は、是非参加して頂けたらと思います。

     


    <チネイザンセラピスト 初級養成講座>
    日時:6月15日(金)、16日(土)12時00分~15時00分

    ※15日も16日も内容は同じですので、1日ご受講いただければ、チネイザンについて学ぶことが出来ます。

    場所:那覇市西3-11-1 てぃるる

    料金:12,600円

    ご予約・お問合せ TEL:080-6512-6750
    Mail:info@tamayoro.com

    yukiさんが運営する「たまよろ庵」HP:http://tamayoro.com/



<<一覧へ戻る