>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • おもしろメッセージ HN.YS

  • 一昨年の初夏、家族で北部へドライブに行った時に、古宇利大橋を渡って
    古宇利島に行こうと向かったのですが、行く手に橋は見えるのですがなかなか辿りつけず、
    主人や子ども達とようやくたどり着いた古宇利大橋は爽快でした。
    橋を渡って島をまわり、私達はすでにお腹いっぱいだったので
    「次は必ずウニ丼を食べよう!」とニコニコしてた主人の顔が昨日の事のように思いだされ胸が熱くなります。
    私達夫婦は遅い結婚でしたが、お互い出会ってすぐに惹かれ合い、
    三ヶ月ほどでプロポーズされました。
    子どもも二人授かり、本当に家族四人の幸せな日々でしたが、残念なことに
    主人はガンで二年あまりの闘病生活の果てに先に天国へと旅立ちました。
    古宇利島に向かったのが最後の北部へのドライブになり、
    その年に亡くなりました。早いものでつい先日、三回忌の法要をすませました。
    最後の入院で、痛み止めのお薬でもうろうとしながらも
    「ママ、いつもありがとう」「ママ愛してるよ」「ママの笑顔一番」と言ってくれ、
    私も泣き笑いの日々でしたが本当に最後まで悲しいほどに優しくて、
    年上なのにとても甘えん坊な主人でした。
    現在、私にとって、ふたりの子ども達の存在が、その成長が、
    何よりも心の支えです。
    主人が亡くなった時は、悲しみと不安で
    体の一部をもぎ取られた感がありましたが、今は違います。
    主人は私の中にいます。私達はいつも一緒です。
    主人は本当に私のbetter halfだと実感する今日このごろです。
    いつか天国で再会する日まで私は、亡くなった主人の分も一日、一日、
    命を大事にして子育てを頑張り、いつも主人にありがとうの気持ちを忘れずに
    子どもたちと前向きに歩んでいきたいです。
    主人と出会えた奇跡に感謝、そして、人は死んだら終わりではなくて、
    違う形で私達のまわりで共生して見守ってくれてるんです。
    主人は今もそばに居てくれます。これからも私達は見えない絆でしっかり結ばれています。

    パパありがとう・・・ 


    2015.11/20放送採用

<<一覧へ戻る