>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ11

  • DSC_1421.jpg DSC_1426.jpg DSC_1432.jpg DSC_1429.jpg

    テーマ[ 熟成]

    ポニーテールリボンズのナンバー
    [おじさんみたいなおばさん、おばさんみたいなおじさん]

    というフレーズの曲を聴いた時 おかしくも真理をついていて妙に感心。

    人は年齢をを重ねるごとに男女の境や性別を越えた 何かがある様に思えます。

    ワインも経年という 熟成の先には 赤、白、泡も越えた世界が存在します。
    さて、今日は 熟成 [シャンパーニュ]とのマリアージュ です。

    シャンパーニュとはご存知の通り
    フランスの地方名
    発泡性ワインで 酒蔵から出荷された
    一部の上級品 見事な熟成をします。

    そのお味はというと
    勢いのある泡は落ち着いているが 香りは複雑 極まりなく立体的。芯の一本通った酸と大地をわしづかみにしたような ミネラル

    泡は必要ではないのでは?と思わずにはいられない完成度です。

    合わせる料理は これが難しい
    木ノ子 編みがさ茸を選びました。
    仏語でモリーユと呼ばれるこの木ノ子に 鶏のムースを詰め マディラ酒で蒸し煮にし、その汁をソースに。

    焦がしバターでモリーユをからめた一品。香りを食するこの一皿と熟成シャンパーニュは年齢を重ねてきたからこそ わかる喜びといえます。

    それでは 退廃の美に ボナ・ペティ
    監修 ワインバー クリニャンクール


<<一覧へ戻る