>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ37

  • DSC_2014.jpg DSC_2018.jpg

    テーマ[弱いけど強い]

    つゆぞらの下、雨がおちる海を眺めていると、イワシなどの小魚が銀燐を輝かせ跳ねているようにも見えました。
    今、旬を迎えているイワシは魚に弱いと書きますが身が柔く、足が早いことからこの漢字があてられているそうです。それゆえ鮮度が大切。当然、地元でとれたものが新鮮と言えます。地の利を生かし足の早さに負けないくらい、手当てを早くすれば 素晴らしい食材となります。
    今週は沖縄のイワシ[ミジュン ]とのマリアージュです。
    この時期のミジュンは身が厚く丁度良い大きさに育ち、名前とは裏腹に味の強い魚です。
    そこで、今日はよくお肉でも使うローズマリー、タイム、オレガノ、ジンジャーでマリネし香ばしくグリル。付け合わせにセロリを細く帯状にカットし、レモンオイルでヴィネグレットを造り、波のようにお皿に敷きました。
    マリアージュのお相手はぴったりなパートナーがいます。アルザス地方の
    シルバネール種の白ワイン。スッキリとしたボディーはミジュンのスッキリとした脂と同レベルで料理につかったセロリやハーブ、レモンの香りと同じ風味がこのワインにはあります。
    雨が続き そろそろ晴天が恋しくなる頃、空気が軽く抜けるような青空を連想させるこのマリアージュに。それでは、ボナ・ペティ
    監修ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る