>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ42

  • DSC_2046.jpg DSC_2048.jpg DSC_2054.jpg

    テーマ[アロマとブーケ]

    夜、散歩をしていると不意をつかれ 夜来香(イエライシャン)の妖艶な芳香に包まれたことがあります。
    思いがけない香りに触れ覚醒させられた感じ。
    今週は香りの魚とも呼ばれる旬の鮎とのマリアージュです。
    解禁と共に手元に届いた天然の鮎は、美しい姿とまるで新鮮なスイカをおもわせる香りが名前の由来だと理解出来ます。
    今日はその鮎をグリル。塩焼きにし沖縄の旬の果実、パッションフルーツとマンゴーをソースにしました。さあワインは、その前に、ワインの香りの表現には大きくアロマとブーケに分けられ 、アロマはブドウ品種などの先天的な香り。ブーケはその後の熟成など後天的な香りを表します。天然鮎のスイカの様な香りは餌となる川の藻に由来するブーケでソースのマンゴーやパッションフルーツのアロマをワインで両立させれば完璧な組合せに。そこで選んだワインはニュージーランド産 古木で造られたソーヴィニョンブラン。ワイン、料理双方のアロマとブーケが見事に共鳴する香りのハーモニー。この鮎を届けてくれたあの方々に感謝しつつ。それではボナ・ペティ
    監修ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る