>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ47

  • DSC_2114.jpg DSC_2115.jpg

    テーマ[時間差攻撃]

    ゴーヤーはここ沖縄でこそポピュラーな食材でしたが、本土では苦瓜と呼ばれ薬膳であり、ちょっとした珍味とされていました。時代は流れ近年の健康志向と沖縄ブームによりゴーヤーはメジャー昇格を果たしたと云えます。今週はゴーヤーとのマリアージュです。
    ゴーヤーと言えばゴーヤーチャンプルー。
    各家で、秘伝のレシピがあるでしょう。今日はその県民食ゴーヤーチャンプルーに合わせるワイン。 その前に、私達の口の中には味を感じる味雷が散りばめられています。
    ゴーヤーの特徴である苦味を感知する未雷は舌や口の奥側に集中しています。甘味や酸味はわりと早く感じ、遅れて苦味を感じるのは味雷の位置に由来するものが大きいと言えます。
    さあ、ワインですが、この味覚の時間経過にピッタリと合わせることが出来たら最良の組合せになるはず。最初は青味を際立たせないよう優しくフレッシュで丸みがあり中盤以降、苦味と同調する
    イタリア・ラツィオ州の白ワイン、フラスカーティ・スペリオーレをセレクト。バレーボールの日本男子チームが時間差攻撃を使いミュンヘンオリンピックで金メダルを取ったように味覚の時間差攻撃はマリアージュの金メダルになるかも。それでは乾杯。A votre sante
    監修ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る