>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ48

  • DSC_2124.jpg DSC_2132.jpg DSC_2133.jpg

    テーマ[肝に銘じ]

    トランプゲームでハートのAを引き当てた時、少なからず高揚感を覚えます。どなたでも見覚えのあるピンク色のハートマークは心や感情を表す象徴のようで、心臓の位置する左胸をイメージします。しかし、不思議と心模様表現すると肝臓、沖縄の方言で云うチムを使うことが多いのでは?
    今週は肝、レバーとのマリアージュ。
    豚肉を多様する沖縄の食文化では病気や身体が衰弱すると命のスープとも言えるレバーを煎じた[しんじむん]をつくり活力を養いますが、今日は豚レバーに黒胡椒を多目にふり、クルミオイルで優しくソテー。プラムを赤ワインとポートで煮てバルサミコとバターでコクを付けソースにしました。個性の強いレバーと深いソースが絶妙なバランスの一皿です。
    ワインは、レバーの血のような鉄分の香り、プラムの黒い果実のニュアンス、黒胡椒のスパイシーな風味、全てをあわせ持つフランスローヌ地方、シラー種の赤、コルナスで決まり。レバーがより美味しくなる、この相思相愛のカップル、忘れない様 肝に銘じ
    それでは、乾杯
    ア ヴォートル サンテ
    監修ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る