>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ64

  • DSC_2410.jpg DSC_2411.jpg

    テーマ[実力者]

    冬の定番 鍋料理。鍋に欠かせない食材といえばやはり葱でしょー。
    葱はお鍋だけでなく様々な料理に使われ種類も多く、産地も各地に広がります。もしかして、日本人は世界でも有数の葱好き国民かもしれませんね。今週は、葱とのマリアージュ。
    食品自給率も高く、農業大国として有名なフランスには、[ポワロー]という葱があります。香りがマイルドで甘く、繊細な味わいで輸入されていますが、今日は、群馬県の下仁田葱を使いました。まず、塩水で下茹でし、半割りに。それにヴィネガーとオリーブオイル、胡椒を振り天火でグリル。一端取りだし、スペイン産の羊と山羊のミルクで作られたイベリコチーズとウズラの卵をのせ再びグリル。半熟に仕上げました。小気味良い食感に葱の甘さ、チーズと卵が絡み合い素晴らしいアンサンブルに。さて、ワインは、アルザスのリースリングをチョイス。シトラスの香りに堅すぎずスレンディーなボディ。口当たりは、柔らかくほのかに甘味を伴った味わいは下仁田ねぎの青い部分から、白い部分まで全ての要素と対話できるワインです。普段、脇役の葱が見事に主役を演じ、それを引き立てる名脇役のワイン。まさに実力者同士の名演に。それでは、ア・ヴォートルサンテ

    監修 ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る