>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ75

  • DSC_2537.jpg DSC_2538.jpg

    テーマ[溶け合う]

    春の兆しを感じはじめた頃、思いがけない冷え込みに仕舞いかけた暖房器がカーテンコールのように再登場。そんな寒さを熱き思いで吹き飛ばすバレンタインデーとなりました。
    今週は、親愛なる人と楽しむマリアージュです。
    欧米での、バレンタインデーの習わしとは異なり、日本では独自の解釈で一種のイベントとして定着していますが、大切な人に思いを伝える点では、共通している様です。
    少々時代がかった言い方ですが[同じ釜の飯]という言葉があるように、お互いが打ち解け親密度を
    上げるのに鍋料理はいかがでしょうか?
    今日は、フランス語で(溶けた)という意味をもつ鍋料理、チーズフォンデュにしました。
    まず、カットしたエメンタールチーズとグリュエールチーズにコーンスターチを軽く振り、ニンニクの香りを付けた小さめの土鍋の中に、白ワイン、水もしくは、ミルクを入れ温め、先程のチーズを投入し混ぜ合わせながら溶かしていきます。
    一口大にカットしたバゲットをトーストし食感を与えました。二つの異なるチーズが溶け合い融合する様はまさに信頼の印といえるのでは。
    さて、ワインですがバレンタインにちなみピンク色のワイン。フランス、南ローヌのタヴェル・ロゼの一つでチェリーの様な香りにスパイシーなテイスト、力強く温みのある辛口ワインです。こってりと煮詰まりがちなフォンデュをリセットさせてくれる素敵なパートナーとなるでしょう。
    家族や友人そして恋人と囲む心のフォンデュに。
    それでは ア・ヴォートルサンテ
    監修ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る