>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ78

  • DSC_2544.jpg DSC_2551.jpg

    テーマ[食する国宝]


    世界中の人々が共有し、人類の未来に伝承、保護してゆく世界遺産。
    遺跡や景観、自然そして、文化等様々な分野がある中、フランス料理が2010年に初めて世界遺産として登録されました。
    料理が世界遺産になるなんて、フランスならではの発想と意識の高さ、少しの憂いを垣間見た思いです。それとは別に、ハンガリーでは料理に食材として使う豚を国宝としています。
    縮れた体毛が長く、原生的印象の豚。[マンガリッツァー]
    今週は、このマンガリッツァー豚とのマリアージュです。
    通常、国宝や天然記念物の類いは捕ってはいけないもの。
    ましてや食べるなんてもっての外という観念があります。
    しかし、食用肉としてこの種を守り、受け継いでいくことに意義があるようです。今日は、肩ロースを厚目に切りローズマリーとタイムの香りをつけながら、焼き目をつけオーブンで低温ローストし、フレンチマスタード風味のソースを添えました。美しいピンク色で脂がさらりと、実にジューシーできめ細かな肉質はまさに国宝。
    さあワインですが、使用した香草との相性も良く、脂のタッチや旨味のあるお肉と合うイタリア・トスカーナ州のキャンティー・クラシッコ・リゼルヴァにしました。程よいタンニンの赤ワインは脂の甘みを引き出し、軽やかに洗い流してくれ、お肉の味をより高みに押し上げる世界遺産的マリアージュです。でも、満腹になったそのお腹は国宝にはなりませんので悪しからず。
    それではア・ヴォートルサンテ

    監修ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る