>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ81

  • DSC_2558.jpg DSC_2565.jpg

    [食卓の桜]


    沖縄では、住宅建築の棟上げ式で山羊料理(ヒージャー汁)を用意することがあります。
    好き、嫌いが極端に分かれる料理ですが、一度好きになるとヤミツキとなり、他の用事を差し置いてでも食べに出掛けると聞きます。
    只、あの野性味溢れる個性的な香りの影響でしょうか?
    普段、家庭の食卓に登場しない他のお肉類も反射的に[何のお肉?]と尋ねてしまいます。初めて馬刺しを薦められたときも、なかなか箸を付けられず恐る恐る口にすると、くせのない美味しさに逆に箸が止まらなかったのを覚えています。
    今週は、その馬肉とのマリアージュ。
    暑さ、寒さも彼岸までの先人の言葉通り、心地よい陽気に誘われ本土でも桜前線も北上。さばいたばかりの馬肉は美しい紅色で別名(桜肉)とも呼ばれています。
    今日は、軽い霜降りの桜肉を薄造りにし、溶かしバターで作ったマヨネーズとバルサミコ、パルメザンを散らし、カルパッチョにしました。柔らかく上品で深い味わいの品となります。
    ワインは、メルロー種から造られるボルドー地方、コート・ド・カスティヨンの赤ワインにしました。滑らかなタンニン、赤身とコードバンやなめし革の香りがあり、料理のテクスチャーに味わいの要素が見事にマッチするマリアージュです。
    あいにく沖縄の桜は終わってしまいましたが、食卓で咲いた満開の桜肉でお花見するのも 風流では。
    それではア・ヴォートルサンテ

    監修 ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る