>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ86

  • DSC_2659.JPG DSC_2655.JPG DSC_2656.JPG

    [箱入り娘]

    白無垢の打ち掛け姿の花嫁には、清らかな美しさが宿り[綺麗]という言葉を越え 神聖な美を感じます。

    きっと、その美しさはこれまで大切に守り、育ててくれたご両親や家族の愛情の証なのかもしれません。

    今週は、手塩にかけ育てられた旬のあの白い野菜とのマリアージュです。

    畑の中からニョキッと顔を出したアスパラガス。グリーンにホワイト、最近では、紫色のものまであります。

    実は全て同じ種類。ただ日光のあたり具合で色が変わり、その為ホワイトアスパラは全体を優しく土を盛り日があたらぬよう箱入り娘として育てるそう。
    パールホワイトに輝く白い肌は育ちの良さを感じます。
    今日は、このホワイトアスパラを季節のあみがさ茸、フランス名(モリーユ)でクリーム煮にしました。

    白いアスパラが魅惑的なモリーユ色に染まり、香り豊かで食感の心地よい一品となります。

    さあワインは、まず主役のアスパラとアロマティックな白ワインの相性の良さを考え、イタリア・フリウリのソーヴィニヨン・ブラン100%を選びました。さらにモリーユとのマッチングに樽熟成のタイプをチョイス。

    アスパラ本来の味わいをダイレクトに楽しめると共に、ワインのバターキャラメルのようなブーケが、モリーユも同時に堪能出来る組み合わせです。

    日暮れの中、嫁ぎ行く瀬戸の花嫁も、箱入り娘も、全ての花嫁とそのご両親に捧げるマリアージュに。

    それでは、ア・ヴォートルサンテ

    監修 ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る