>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • マリアージュ91

  • DSC_2693.JPG DSC_2695.JPG DSC_2696.JPG

    [ちょいワル親父]

    お父さん、とうちゃん、オヤジそしてパパと呼び方は様々ですが、その呼び名に反応し振り向いた人。
    そう、私達の父です。

    一家の大黒柱として家族を守り、毎日懸命に働く父、子供の頃は当然のことのように思いましたが、社会人となりそれがどれだけ有難いことだっかと気付きました。

    今週は、愛すべき私達の父親に捧げるマリアージュです。

    全ての人は女性から生まれてきます。
    [三つ子の魂 百まで]といいますが、母親の体内に、命が宿ったその時から魂は始まり、記憶の源流といえる母への想いは華やかな母の日を見ればわかります。
    それに比べ、どことなく地味で存在感の薄い父の日。

    そんな、哀愁すら漂うお父さん達の疲れた心と身体を癒してくれる[男の酒]イタリアのグラッパを紹介。

    グラッパは、ワインの醸造後 絞ったブドウから造られる蒸留酒、ブランデーで、あたかも昼夜問わず働くお父さんのよう。
    今日は、ピエモンテ州の自社畑で育ったマスカット種を使い、樽で7年4ヵ月寝かせた上質のグラッパを選びました。
    琥珀色に輝く美しい液体は、レーズンやアプリコット、シガーの香りに富み滑らかでシルキーな舌触りは陶酔の域に達します。
    さあ、おつまみは色々なドライフルーツに薄くスライスしたサラミを用意しました。
    ドライフルーツとの相性は云うに及びませんが、風味豊かなサラミの塩気とグラッパはちょいワルオヤジ同志の固い友情を感じます。

    夕食後のひととき、ひそやかなこの楽しみに、[明日も頑張ろう]と心に決めて。
    それでは、ア・ヴォートルサンテ
    監修ワインバークリニャンクール


<<一覧へ戻る