>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • 腹が立つ理由

  • 久場副院長先生からの書籍の紹介

    水島広子 著

    「怒り」がスーッと消える本



    怒りをコントロールしたいけれど、

    日常の中でついつい、怒りにコントロールされてしまう人、少なくないでしょう。



    まず、怒る、腹が立つ理由を挙げると…

    1、予定が狂ってしまった!

     後で食べようと楽しみにしていたデザートを家族が食べてしまった!

     デートの予定だったのに、残業



     こうした場合、瞬間的に「やられた!」と思ってしまい、防衛反応として怒りが湧く。

     通常、反射的な怒りは、時間が経ち冷静に「なんとかなるさ」と思えるまで続いてしまう。

     この時に怒りをぶつけると「困ったチャン」になるので

     腹立つ〜という気持ちを「予定が狂ってしまって困っているのだ」と考えると

     怒りの感情を手放しやすくなり、相手との交渉も冷静に進められる。



    2、心が傷ついた…

     私のミスじゃないのに、クレームをつけられた

     今、しようと思っていたのに、「早くしなさいっ!」と言われた

     

     相手からの批判的な言動で傷ついた場合、怒りが大きくなりやすいようです。

     こういうタイプの方は過去のことを思い出しても怒りがよみがえって腹を立ててしまうことも。

     自分の傷が癒された。大丈夫。と感じると怒りを手放すことができるようです。 

<<一覧へ戻る