>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • 福祉作業所「わかば」

  • 那覇市国場にある

    福祉作業所「わかば」にお邪魔しました。

    代表の 伊波 邦雄 さんにお話を伺いました。



    とても熱くて、まっすぐな方でした。

    汗を流しながら、一生懸命お話をしてくださいました。



    一人でも多くの方の役に立ちたいと思っているうちに

    事業がどんどん大きくなって、今やいろんなことに取り組んでいますと

    おっしゃっています。(後列中央が伊波さん)

    wakaba2



    どんなことをされているのか??

    園芸や木工、印刷、手芸などなどたくさんの作業班に分かれています。

    ちなみに、手芸はかわいいビーズアクセサリーなどを作成

    wakaba4



    いま1番力を入れているのがアルバム作り。

    大きな印刷の機械を導入し、卒業アルバムなどを受注しています。

    wakaba1



    wakaba3



    卒業アルバムなどのまとまった数の受注だけでなく

    個人のメモリアルアルバムなども引き受けてくださるそうですよ。

    なんと!このベビーちゃんの成長の記録アルバムは1部2000円から受けてくださるとか。

    スゴイですよね!!

    wakaba5



    利用者の皆さんには、東北の被災者など、さらに困っている方々への支援も考えてもらっているそうです。

    (アルバムの制作費の一部は支援金として東北に寄付されています。)

    「自分たちは弱者ではない。恵まれている。」という意識を持ってもらうことも大切と

    伊波さんは強くおっしゃっています。



    そのために、地域とつながることも大切だということで

    なんと、手作りの駄菓子販売所もあり、近所の子供たちがお小遣いを握りしめ

    熱心に品物を選んでいました。

    wakaba6



    大事なのは、個人の個性にあった仕事をしてもらうこと。

    そうすれば、生き生きして働き、社会の一員になるとおっしゃる伊波さん。頭が下がりました。



    アルバムなどの依頼は、ぜひ、福祉作業所わかば へ!!



    住所 那覇市国場1003番地

    電話 098−835−9405

<<一覧へ戻る