>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • おきなわ工房

  • 沖縄市安慶田にある

    障害福祉サービス事業所

    おきなわ工房 さんに伺いました。



    おきなわ工房

    10代後半から40代くらいまでの方々が

    利用している事業所です。



    理事長の田中さんは福岡出身。

    P4160404

    食品を扱う会社を営んでいたそうですが

    娘さんの成長のことなどを考え、沖縄に移住。

    福祉の仕事を始めました。



    初めは利用者もおらず大変だったようですが

    現在は、うらそえ、てだこ、おきなわと3つの事業所で

    60人近い利用者が過ごしています。



    障害を持つ方はコミュニケーションが取りづらいとおっしゃる田中理事長。

    だからこそ、自分の思いを表現する訓練が必要だそうです。



    まずは、体操など体を動かしながら

    コミュニケーション・自分の考えを

    表現する訓練を始めます。



    慣れてくると一人で生活するための自立訓練。

    お茶を淹れられるようになると家族が喜んでくれる。

    それが自信につながるのだということでした。



    そして就労訓練。

    キーホルダーなどのモノづくりをしています。

    皮やガラス細工のかわいい根付を作る作業をもくもくと進めています。

    とっても細かい作業ですが、

    皆さん、すごい集中力で作業を進めます。本当にすごい!!

    P4160396



    干支ごとに作られている根付は

    初詣などで大人気だそうです。

    P4160398

    P4160393



    お土産としても喜ばれている星砂入りのキーホルダー。

    持っていると、夢がかないそうですよ。

    P4160392



    障害福祉サービス事業所

    おきなわ工房



    沖縄県沖縄市安慶田1丁目1−3

    電話 098-929-3785

<<一覧へ戻る