>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • 大学生の場合の例題

  • 平木典子 著

    「改訂版 アサーショントレーニング・さわやかな自己表現のために」



    大学生のAさんは授業に毎回出席していて

    ノートもしっかりよく取っている。

    まじめな性格で、先生や周りからの信頼も厚い。

    学年末試験が間近に迫ったある日、授業にあまり出てこないBさんから

    ノートを貸してほしいと頼まれた。

    Aさんも試験勉強でノートを使うので、困ってしまう。

     

    ・ノンアサーティブ(主張が苦手なタイプ)の人

    断るのが苦手なので、自分の試験勉強計画が潰れそうな不安がありつつも

    貸してしまう。

    この場合、「どうして貸しちゃったんだろう。自分は弱い人間だ」と自分を責めてしまう。



    ・アグレッシブ(攻撃的なタイプ)の人

    明らかに不愉快な顔をして「この時期にノートを借りるなんて非常識じゃない?貸せません」と

    強く言い捨てる。が、後になって言い過ぎたかなと後悔する。攻撃的な言い方は相手を傷つけてしまい

    周囲との人間関係も上手く行かないことが多くなる。



    ・アサーティブ(適切な自己表現ができるタイプ)の人

    「今からノートを使うKら、今日は貸せないよ。この次からもう少し早く言ってくれたら

    貸してあげることもできるからね」と丁寧にはっきりとその頼みには応じられないことを伝える。

    これは、自分も相手も大切にした自己表現

<<一覧へ戻る