>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ニンニキニキニキ「図書館戦争 THE LAST MISSION」

  • 先日久しぶりに映画館へ行き『図書館戦争  THE  LAST  MISSION』を見て来ました。
    出演は岡田准一さん、榮倉奈々さん、栗山千明さん、石坂浩二さん等。

    監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介さん。
    そして原作は『フリーター家を買う』『県庁おもてなし課』『空飛ぶ広報室』等の有川浩(ありかわひろ)さん。

     

    ちなみに主人公、笠原郁(榮倉奈々さん)の友人柴崎麻子(栗山千明さん)は、
    原作者の有川さんが執筆当時から栗山千明さんを想定して書いていらしたそうで、
    イメージ通りのキャスティングになったのですね。
    だからクレジットでは《特別出演》になっていたのでしょうか?

     

    さて本編の『図書館戦争  THE  LAST  MISSION』はラブコメあり、
    アクションあり、感動ありで充分楽しめました。
    音響も邦画史上初の「ドルビーサラウンド7.1」が採用されていたそうで、
    とても居心地良く鑑賞することが出来ました。

    そして作品の終盤、ある言葉が出て来ます。
    それは「絶望や失望の中でも私は前を向いて歩き続ける」といった内容の言葉です。
    正確にはぜひ作品を見て頂きたいのですが、いい年した男が映画館でポロポロと泣いてしまいました。

    そうした意味では映画館が暗闇なのはとても有り難いことだと思います(笑)

     

    それは映画『感染列島』のラストシーンで、
    『たとえ明日地球が滅びるとも、今日、君はリンゴの樹を植える』というセリフがあったな、と
    『図書館戦争』を見ながら思い出していました。そんな風に生きて行きたいものです。

     

    実は見比べようと思いアニメ劇場版の『図書館戦争〜革命のつばさ〜』を、
    映画館に行く前にレンタルして見ていました。
    てっきり『LAST  MISSION』と同じストーリーだと思っていたのですが、
    実は『LAST  MISSION』の後のストーリーでした。まだのみなさんはお気をつけ下さい(笑)

     

    ではまた楽しい作品に出会えましたらメールしたいと思います。ありがとうございました。




    性別:男性
    住所:読谷村

<<一覧へ戻る