>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:宇宙のあひる「顔のないヒトラーたち」

  • 前回の放送で眞理子さんがおススメしていた『顔のないヒトラーたち』の感想です。

     

    戦時中にナチスが犯した罪をドイツ人自ら裁き戦争責任に向き合う契機となった、
    1963~1965年のアウシュヴィッツ裁判開廷までの道のりを、事実に基づき 描いた人間ドラマ。

     

    戦後十数年が経ち戦争を過去のものとする雰囲気に包まれる中、
    ナチスの罪を浮かび上がらせようとした検察官たちの苦闘に迫る。
    監督は俳 優としても活躍するイタリア出身のジュリオ・リッチャレッリ。

    ドイツの人たちが堂々と負の歴史を直視し、そこから目をそらさない姿勢に打たれました。


    眞理子さんも話していましたが、こういう作品にありがちな思わず目を背ける映像はなしで、
    語りで表現するところが見やすかったです。

    若き検察官ヨハンを演じたアレクサンダー・フェーリングはイケメンだし、
    自身も過去に傷を持つジャーナリスト役のアンドレ・ジマンスキーや、
    聡明で存在感のあるユダヤ人検事総長役のゲルト・フォスなど、魅力的なキャストが揃っていました。


    個人的には検察局で書記をしているふっくらした中年女性が小気味よく、
    この作品のスパイス的存在になっていたと思います。




    性別:女性
    住所:与那原

<<一覧へ戻る