>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:マリー「めぐりあわせのお弁当」

  • 久しぶりにお便りいたします。

     

    先日、友人の結婚披露宴に出席したら、司会はなんと眞理子さんでした!

    「眞理子さんに司会をお願いするとは、映画好きの彼らしいな」

    ととてもうれしくなりました。

     

    私も今年の2月に結婚しました。そして、眞理子さんが司会をされた披露宴の新郎とは、
    夫も共通の友人なので、私たちは夫婦で出席しました。

     

    私の夫はこれまでそんなに映画を観る方ではなかったのですが、結婚して、
    一緒に住むようになってから、私たちは週に1本以上は映画を観ることを目標にしています。

    劇場で見に行くこともありますが、レンタルが多いです。そして、以前 、夫は

    「字幕読むのが面倒くさいから吹き替えが良い」と言っていたのに、
    この前レンタルしたソダバーグ監督の『トラフィック』が吹き替えだったので、
    文句を言っていました。面白い変わりようですよね。

     

    私は結婚前は一人で映画を見に行くことが多かったです。
    映画を観た後、近くのカフェで映画館からのチラシを読みながら、
    「次は何を観ようか」とワクワクしながら、

    夫の仕事が終わるのを待つというのが定番でした。

    当時は二人で映画を観るのは年に一度くらいで。もし、見に行くとしたら、
    ミッション・インポシブルやワイルド・スピードのようなアクション大作でした。

     

    そんな夫が、一緒に桜坂でインド映画『めぐりあわせのお弁当』を観たいと言い出したのです。
    私は当然一人で観ようと思っていたのですが、彼がわざわざそう言ってくれたので、二人で行きました。
    映画を観ている最中、ヒロインの感情に共感していつものように楽しむ一方、
    ワイルド・スピードを好む夫が『めぐりあわせのお弁当』をちゃんと楽しめているかすごく気になっていました。
    映画が終わった後、夫が「この映画を一緒に観られて良かった。」と言ってくれたので、とてもうれしくなりました。

     

    一人で行くことの多かったカフェに、桜坂を出た後、夫と一緒に行ってたくさん映画の話をしたのを覚えています。

     

    そし て、『めぐり逢わせのお弁当』を観て約2カ月後、私たちは結婚が決まりました。

    それがちょうど1年前、11月下旬のこの時期です。
    だから、今でもレンタルショップでも『めぐり逢わせのお弁当』を見かけると映画を観たことから始まり、
    私たちの結婚が決まったことまでを一連の流れとして思い出します。

     

    これからも、二人でたくさんの映画を観て、映画と一緒の思い出を作っていきたいです。




    性別:女性
    年齢:30代
    住所:那覇市

<<一覧へ戻る