>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム : あっちゃん「杉原千畝」

  • 職場の近くにライカムイオンができましたが、なかなか見たい映画が上映されず、
    せっかく近いのに、これまで映画を見ずにいました。

     

    ところが、先週、杉原千畝が上映されるので、駐車場から、
    映画館まで迷子になりながら、やっとの思いでたどり着いて見てきました。

     

    千畝さんが、ユダヤ人にビザを出し、ユダヤ人たちが福井県が見えて、
    希望の歌を歌い出したとき、私は感動で、思わず嗚咽のような声が出て、ぽろぽろ涙が溢れました。
    無意識に起こったことなので、回りの人に聞こえたかな?と、ちょっと恥ずかしかったのですが、
    でも一緒に心で希望を口ずさみなが、ナチから逃れることができ、
    長い船旅の末、日本が見えたときの彼らの喜びに、一緒に喜んでいました。

     

    そのユダヤ人たちが日本に着いた後の出来事は、映画、少年Hで、
    水谷豊扮するお父さんが、ユダヤ人たちの洋服の修復などに関わりますよね。
    そんなことも考えながら見ていました。

     

    今年1月にイスラエルに行きましたが、
    日本人というと、ユダヤ人たちから杉原千畝の名前を頻繁に聞きました。
    私はユダヤ人について勉強するなかで、初めて杉原千畝さんのことを知りました。
    センポーと呼ばれていることも、イスラエルでユダヤ人から教えてもらったのです。
    彼を称えた記念樹もあって、日本人にこんな方がいたということを知って感動しました。

     

    あの時代に、杉原千畝さんのような生き方ができるなんてすごいですよね。

     

    杉原千畝さんの奥さんの本なども読んでいたので、小雪さんのイメージが私には合わない気がしたのですが・・・

    実際も外交官の奥さんだから、小雪さんのように華やかあでやかな装いだったのでしょうか?

     

    たくさんの人にぜひ見ていただきたいですね。

    だから、内容は書きませんでした。

    私たちも、何かあれば、千畝さんのように、よき隣人になれる生き方をしたいですね。

     

    ライカムの映画館も新しくてきれいで、気持ちよかったですよ?

    職場から映画館まで約10分、

    こんなに近くに映画館ができて、感謝感激です!




    性別 : 女性
    年齢 : 50代
    住所 : 読谷村

<<一覧へ戻る