>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム : リョウ「メッセージEpisode1 みえちゃんからの伝言

  • 今回は桜坂劇場で「メッセージEpisode?みえちゃんからの伝言」を

    観てきました、今回招待券は使えないとの事でしたが、
    何時の間にか桜坂の会員ポイントがたまっていて、それで見る事が出来ましたよ、
    さて心霊物に興味がある私は予告編を見てこの映画の上映を楽しみに待っていたんですよ

     

    では映画の感想です、観ていて感じた事は、期待ではないのですが、
    意外に怖い映画ではなかったと言う事です、
    霊の存在で必要以上に恐怖心をあおる演出は無かったのかなと思います、
    怖い映画特有のビックリさせたりドキドキさせたりとかは無く、
    サーダカと言う霊感体質の主人公の冷静な視線で霊を感じさせていた気がします、
    なので映画の内容は伝わりましたが、強烈に印象強く視覚に訴える感覚はありませんでした、
    でも戦争と言う状況の中で悲しい死を遂げた幼い少女の切ない想いや、
    その死にまつわる人々の苦しみや悲しい思いは凄く感じられ、思わず涙が流れて来ました

     

    きっと亡くなれた人の強い思いは、誰かに分かってもらえないと成仏出来ないのだろうと思いました。だからこの実話の映画の方々の様にサーダカな方々の人たちは、
    その想いを聞いてあげる役割に選ばれた人達なのではないでしようか。
    実際、私も小さい頃から時折ユタの方が家に来て仏壇の前でお祈りをしているのを見ていましたし、
    大人になってからもユタの方の力をお借りした事も何度かあります。
    沖縄ではこうやってあの世とこの世を繋ぐ方々がいて、
    霊の存在を身近に感じる事の出来る文化が根付いて来たんだと思います

     

    最後にもう一つ、オープニングとエンディングに古謝美佐子さんのウチナーグチの歌が流れていましたが、
    そのゆったりとした曲調が映画の雰囲気にピッタリでした

     

    この映画はエピソード1ですが、次回作も楽しみにしています

    ではまた次回、また他の映画の感想を送りますね




    性別 : 男性
    年齢 : 50代
    住所 : 那覇市

<<一覧へ戻る