>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム : ティータイム「サウルの息子」

  • 先日桜坂に長男18歳と「サウルの息子」を見てきました。

    会員の切り替え時と誕生日で頂いた招待状で。

    息子は「父さんと行けばいいじゃん」とつっけんどんでしたが、
    大学入学のためにまもなく上京していく息子と一緒に、
    質の良い映画を見たかった、見せたかったんです。

     

    それにしてもアウシュビッツ収容所の話で重たすぎるかとも少々心配をしましたが、
    アカデミー賞外国語賞受賞とカンヌでグランプリも受賞している作品。
    やはり是非、とこの映画に決めました。

     

    結果素晴らしい映画でした。

     

    収容所で、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う部隊で働く主人公。
    ガス室で自分の息子を見つけ、正しく埋葬することを最後まで貫きそうとする話。

     

    戦争の狂気の中でも、こうして必至に生きて、人として本来あるべき姿でいようと、人を愛し、
    また尊厳を求めて生きていく、ということは

    どのような戦争のさなかにもあったことことで、
    みんなただ普通の幸せな生活を送りたかっただろうに、と苦しくなりました。

     

    この映画では語られていることは残虐極まりないことだらけなはずなのに、
    それらをほとんど見せずに、無表情の主人公を追い続ける中で、想像力をかきたてられました。

     

    もともと多くは語らない息子。見終わってからも特に話したわけではないけれど、
    彼はパンフレットをしばらく立ち読みしていました。
    きっと彼の心にも響いた映画だったと思います。
    桜坂さんありがとうございます!

     

    またいい映画を見に行きます!!

    今度は夫とかな?




    性別 : 女性
    年齢 : 40代
    住所 : 恩納村

<<一覧へ戻る