>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:リョウ「レヴェナント:蘇りし者」

  • 今晩は眞理子さん、約一月ぶりにお便りします、

    4月は新年度の忙しさや、風邪をこじらせたりで、映画は観たものの、
    なかなか感想を書く事が出来ませんでしたが、やっと落ち着いたので、
    観た映画の感想をひとつづつ書いて行こうと思います、

     

    今回は楽しみに待っていた映画、「レヴェナント蘇りし者」の感想を書きたいと思います、

     

    映画が始まってからすぐに息づまる緊張感の連続で、ネイティブアメリカンとの戦いや、
    ある動物との格闘シーンでは身が凍り付くほど恐怖を感じました、
    他にもスリリングなシーンが一杯あり、レオナルド・デカプリオの鬼気迫る迫真の演技が、
    映画を更にリアリティーのある重厚なものにしていたと思います、
    彼のアカデミー賞主演男優賞の受賞は間違い無かったと思いました、

     

    また今回、悪役でデカプリオのかたき役を演じたトム・ハーディは、
    マッドマックスとは打って変わっていて、髭をたくわえて、一見彼とは分かりませんでしたが、
    でもさすがですね、悪役もしっかりと演じていて、目つきの鋭さは恐怖心さえ覚えました、

     

    しかし何と言ってもアカデミー賞監督賞を受賞したこの作品は、
    極寒の大自然の中で自然光のみを使って9か月に及ぶロケ撮影を敢行したと言う事で、
    監督のこだわりは、映像にしっかり現れていて、その大自然の美しさや、
    逆にその極寒の過酷な状況をリアルに肌で感じるような感覚でした、

     

    この映画は観終わってからも、しばらくその衝撃的な余韻を引きずってしまう様な、
    見ごたえのある素晴らしい作品だと思いました、
    では次回はまた違う作品の感想を書きたいと思います。




    性別:男性
    年齢:50代
    住所:那覇市

<<一覧へ戻る