>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ヒルツ大尉「ゲッタウエイ」

  • 今回はシネパレットの午前十時の映画祭で「ゲッタウエイ」を観てきました、

    その日は月曜日でしたが以外にお客さんもいて少し驚きました、
    年配の方が多かったのですが20代くらいの若い人達もいましたよ、

     

    私は小学生の時からスティーヴ・マックイーンのカッコよさに憧れて、
    何時もマックイーンのようにカッコよくなりたいと思っていましたよ、
    彼は1980年に50歳という若さで癌のため亡くなられていますが、
    やはりその姿は今でも私の憧れです、

     

    さてこの映画ですが1972年の作品と言う事で、今から44年前の映画になりますね、
    ですから車や建物、そして適役の風貌などに年代を感じてしまいますが、
    何故かマックイーンだけは現代のアクション俳優にも決して負けない洗練された存在感があります、
    そして彼の妻役のアリ・マッグローさんもやはり魅力的な俳優さんだったんだなと、
    この映画を見て再確認しました、

     

    この映画はその時代バイオレンス映画の巨匠と呼ばれていたサム・ペキンパーさんが監督で、
    やはり銃撃戦のシーンなどはスローモーションを取り入れたりして、
    独特のリアリティー感がありました、
    でもその激しいシーンとは裏腹に妻とのちょっと幻想的なシーンはロマンティックで、
    その静と動のギャップがある演出に、とてもその監督の個性を感じる映画でした、
    内容は少し心が痛むところもありますが、
    あの粋なラストシーンのおかげでこの映画は観て良かったなと思いましたよ、

     

    一つ内容とは関係ないのですが、劇中で二人が乗る車の夜の背景に、
    お馴染みのMのマークのバーガーショップの看板があったのには驚きました、
    そんなに前から有ったんだと一人感心していました、
    では今日はこの辺で、今度また感想書きますね、ではでは~




    性別:男性
    年齢:50代
    住所:那覇市

<<一覧へ戻る