>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:キララ星人☆キララ☆「団地」

  • 真理子さん、こんばんは。

     

    先日、念願の「団地」を観て来ました。

     

    私は、桜坂劇場のfan club会員ですが、

    住んでいるのは沖縄市なので、

    桜坂劇場の映画を観るには

    かなりの気合いが必要なのです。

     

    「団地」は、4月頃から度々予告編で観ていて

    演技派の藤山直美さん、岸辺一徳さんを初め

    不思議な雰囲気を醸し出す若手俳優の

    斎藤工さん等々が出演しているということで

    必ず観る!と決めていた作品でした。

     

    沖縄市コリンザ内のあしびなー小劇場では

    月に何回か桜坂劇場で上映している作品の

    上映会を行っていて、団地も上映されることを知り

    先週土曜日に観に行きました。

     

    映画全体に流れるのは不思議な可笑しさで、

    出演者たちのキャラクターが各々際立った個性があり

    団地という狭い空間の中で起こる日常に

    妙なリアリティーが感じられて

    笑えるのでした。

     

    主人公は藤山直美演じる山下ヒナ子、

    岸辺一徳演じる山下清治という元漢方薬局店主夫婦。

     

    一人息子を事故で亡くしてから

    健康を損ない、薬局を畳んで

    団地に移り住んだ夫婦の物語、

    という設定で物語が進みます。

     

    団地という狭い世界で、近隣住民たちが

    お互いをあれこれ詮索し、噂話に花を咲かせる様子が

    ユーモアたっぷりに描かれていましたが、

    実際にそんな状況に置かれたらたまったものではないでしょう。

     

    斎藤工演じる不思議な青年、真城の正体は○○人。

    ←これを明かしてしまうとネタバレになるので

    敢えて伏せますが、案の定という展開が笑えました。

     

    普段、映画を観ていて眠るということは

    滅多にないのですが

    何故か?有り得ないことに

    映画が佳境に入る肝心な場面から

    いきなり睡魔に襲われて眠ってしまいました!

     

    そして、最後に再び団地の場面で

    ハッと目覚めたのでしたが、肝心な場面に何があったのか?

    さっぱり解らず、これは再び映画を観に行くしかないか?と

    思った矢先、ネットで検索してみると

    最初から最後まで、全てのストーリーが

    書かれていました。

     

    ○○人だった真城が、全ての鍵を握っていたのでしたが、

    そのサイトでは、映画「団地」のことを

    "阪本順治監督・脚本による2016年の

    日本のSFコメディ映画"と紹介していました。

     

    そして、主演の藤山直美さんは、

    第19回上海国際映画祭にて

    金爵賞最優秀女優賞を受賞されていたということも

    知りました。

     

    出演者全員に 通じる"ある種のユーモアセンス"は

    監督の目論見が見事に表現できた、ということなのでしょう。

     

    それにしても、あの突然の眠気、あれは何だったのでしょう?

     

    今思い出しても奇妙な映画でした。

     

    これから観ようと思う人に一言、

    「どこにでもある ありふれた映画というつもりで観ると

    あなた、裏切られますよ。」

     

    まり子さんは、「団地」ご覧になりましたか?

     

    邦画は なかなか観る気にならない私ですが、

    この映画は 観て良かった、と思える映画でした。(寝てしまったけど)

     

    最後になりましたが、前回別なペンネームで

    投稿した時に頂いた映画招待券で

    22歳になる娘とシネマライカムで「オデッセイ」を観ました。

     

    4月から社会人になった娘の奢りで

    「ちはやふる」上の句と下の句を観ましたが、

    招待券のお陰で、親の面目躍如でした。

    ありがとうございました。

     

    スクリーンへの招待に感想を書こうと思いながら、

    その後も次々と映画を観続けて書く暇がない感じです。

     

    心を改めて、また投稿したいと

    今回からペンネームを改めました。

    以後、よろしくお願い申し上げます。

<<一覧へ戻る