>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ヤマトゥビー「エル・クラン」

  • 今回はアルゼンチン映画『エル・グラン』の感想を書きたいと思います。

    かん静な住宅街に住む裕福で幸せそうな家族。しかし、その実態は…。

    1980年代当時、アルゼンチンに実在したある犯罪一家にスポットを当てた作品です。

     

    実は彼らの生計を支えているのは誘拐で稼いだ身代金。         

    「家族ぐるみでの犯行」ということにも驚くのですが、

    映画を観て最初に違和感を感じたのは犯行がかなり雑なこと。

     

    住宅街の道路で白昼堂々と誘拐したり、ボックスのない公衆電話から身代金要求をしたりなど、
    普通の治安国家じゃ考えられない荒々しさ。「こいつら何で捕まらないんだ?」

    と思っていたら、やはり当時のアルゼンチンの政治事情が大きな鍵でした。

    折しもつい最近まで『世界のウチナーンチュ大会』が開かれていて、
    その中にはもちろんアルゼンチンに移住したウチナーンチュもいます。
    アルゼンチンといえばサッカー選手のマラドーナとタンゴ、
    そして大城バネッサ?さんしか知らなかった僕は、映画を観てたいそうショックを受けました。

     

    国には一言では語れないそれぞれの傷というか業のようなものがあるんだなと、
    改めて思い知らされた次第です。



    性別:男性
    年齢:50代
    住所:糸満市

<<一覧へ戻る