>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:タンビル「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」

  • 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します

     

    昨年末に桜坂にて「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」を観てきました。

    第二次世界大戦前夜、チエコでナチスの脅威から数多くの子どもたちの命を救った、
    イギリスの普通の会社員の起こした奇跡の救出活動記録映画です。

     

    終戦後、数多くの子ども達を救った彼は、
    50年間誰にもこの事を話すことはなく、沈黙を通していました。
    50年後彼の奥さんが屋根裏で救出時のスクラップブックを発見した事で彼の偉業が明らかとなり、
    その後、世界が知る事となります。

    少しでも多くの子供の命を救うため危険を顧みず、
    不可能と思えたことを成し遂げた行為になんと素晴らしい人だろうと感動し、
    涙が止まりませんでした。

     

    普通なら、この偉業を身近な人には話すのではないかと思いますが、
    彼は奥さんにさえも話すこともなかったのです。
    なんと謙虚な人なのでしょう。

    おそらく彼は、
    後二日あれば救えたはずの250名程の子ども達を救えなかった事に負い目をもっていて、
    それで誰にも話す事が出来なかったとのではないかとも思いました。

     

    彼が子供達を救った話だけでは終わらず、
    その後、彼の善意の行動に感動した多くの人たちに受け継がれて
    「恩送りの輪」として今でも世界に広がっています。

     

    私のラジオネーム「タンビル」は、支援をしているバングラデシュにいる子供の名前です。

    ワールドビジョンを通して11年間毎月4500円を支援をしているのですが、
    そろそろ打ち切りにしようかと悩んでいた矢先に、
    この映画を観て改めて私ができる、恩送りを続けなければと思うようになりました。

     

    ぜひ真理子さんにも、多くの方にも観て欲しい映画です。




    性別:女性
    住所:那覇市

<<一覧へ戻る