>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ちっちー「湯を沸かすほどの熱い愛」

  • こんばんは(๑˃̵ᴗ˂̵)ノ

    桜坂劇場で「湯を沸かすほどの熱い愛」を観ました。

     

    余命宣告をされた母親とその家族のお話。
    周囲の人々をこれでもかっていうくらい大きな愛で包み込むパワフルなお母ちゃん、
    スケールの小さいお父ちゃん‥他、
    登場人物がとても魅力的で老若男女問わず観ることができるような、温かみのある作品でした。

     

    私には、子を持つ母親の気持ちを完全に理解することは難しいので、
    主に娘・あずみの視点で観ました。
    特に印象的だったのは、いじめに屈することなく戦い、
    壁を乗り越えたときにあずみが母・双葉に言った
    「私にもお母ちゃんのDNAあったよ」という言葉です。
    割と序盤のシーンなんですが、最後まで観ると、
    この言葉にまた別の重みが加わったように思えて少し鳥肌がたちました。゚(゚´ω`゚)゚。

     

    観る前は「湯を沸かすほどの熱い愛」って、
    外国の映画にたまにある微妙な邦題みたい‥なんて思っていましたが(笑)、
    観終わった今は納得のタイトル。
    ラストは気持ち良さそうないい湯が沸いていましたね(●´ω`●)




    性別:女性
    年齢:20代
    住所:八重瀬町

<<一覧へ戻る