>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム :ペパーミント・ストロベリー「湯を沸かすほどの熱い愛」

  • お久しぶりです。

    11月に、桜坂劇場で 「 ティファニー  ニューヨーク五番街の秘密  」を 観ました。

     

    特典で  ティファニーブルーのクリア ファイルも頂き、
    最高に セレブな気分になり、私も ティファニーのアクセサリーが欲しくなりました。
    感想を送ろうと思っていましたが、またまた、 送りそびれました。

    今日は、桜坂劇場で 予告編を観て、とても 面白そうと思っていた
    「 湯を沸かすほどの熱い愛 」を 観てきましたので、こちらの感想を 送ります。

     

    まず、桜坂パンプの  ストーリー あらすじを 読んで、「 衝撃のラスト 」が 待っている⁇   
    本当は、主人公は、癌では 無く、ハッピーエンドって オチかな? くらいの気持ちで 観始めました。

     

    ところが、 涙は 止まらないわ、鼻水は出るわで、ズッーと、ハンカチで 目頭を 拭いて いました。
    私の周りでも、鼻水をすする音が聞こえていました。

     

    シーンの ひとつ ひとつが、細かい。
    必ず、意味のある事なので、見逃すともったいない  と 思いました。

     

    例えば、お母さんが買った 水色のブラジャー、 横断歩道で手話で 話す人、ヒッチハイクのお兄さん、
    探偵さん親子、毎年 家に届く カニ 、働くお母さんの制服、全部に意味がある。

     

    そして、娘さん役の 若いお二人も、あのシーン
    ( 下着姿・お漏らし) をやるには 凄い 勇気が必要だったのでは? と思いましたけど、
    すごいリアルに描かれているシーンだな〜 とも 思いました。

     

    何よりも、宮沢りえさんの演技、本当に病人に見えました。
    私は 姉を癌で亡くしているのですが、宮沢りえさんの 顔に ゾクっとしました。
    姉も 最後は あんな 顔をしていました。

     

    そして、「衝撃のラスト」‼︎    銭湯、まさか⁉︎

    映画を観終わって、鼻も 目も  真っ赤に泣き腫らし顔に なって 帰ったのは初めてです。

     

    あ〜  ちょっと 残念なのが、映画が 始まった直後から、寝ていた人が いたようで、
    この人の 高いびきが 館内に 響き渡っていました。

     

    とても、良い映画 見逃して 残念でしたね〜 と お伝えしたいです。




    性別:女性
    住所:西原町

<<一覧へ戻る