>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ダミアンたまきまめ「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」

  • 映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」を観てきましたよ(`・ω・´)
    「戦争の最初の犠牲者は真実である」ーアイスキュロス

    この一文から始まる軍事ドラマは、
    無人戦闘機(ドローン)によって行われている現代の戦争を描いた秀逸作でした(・ω・)/

     

    語弊があるかもしれませんが、私はすごく「面白い」と思いました( ¯•ω•¯ )

    自爆テロの犠牲になるであろう一般市民約80人のために「撃つ」か、
    少女ひとりのために「撃たない」か…、早急な二者択一を迫られる緊迫感と葛藤(>д<)

    判断する会議室で行き交う異なる立場の言い分、動画を数値化して調査する兵士、
    スイッチひとつの意味を抱え操縦する兵士、そして戦地で生活する一般市民の日常…、
    人間模様が浮き彫りになるにつれ、選ぶに選べない押しつぶされるような緊張は類を見ません(*_*)

     

    操縦する兵士のPTSD(心的外傷後ストレス障害)問題を描いた
    イーサン・ホーク主演の「ドローン・オブ・ウォー」 も素晴らしい作品でしたが、
    今作はさらに踏み込んで、複雑に関わる多くの人々を描いていて、
    大変見応えがありました(゚д゚)(。_。)_。)

    小鳥と昆虫を模した超小型ドローンの活躍は目を見張るものがありましたが、
    感心と同時に恐怖も感じました(;´・ω・`)

     

    上層部の責任回避や自己保身はホント見飽きたし嫌になりますが、
    イギリス政府とアメリカ政府の相反する姿勢を皮肉たっぷりに描いていて、
    そこんとこ鼻で笑えますよ┐( -ω- `)┌

     

    ヘレン・ミレン、期待に応えるカッコよさでした(*゚ー゚*)

    そして故アラン・リックマン演じる中将が、ラストで語るひと言ひと言は、
    重く深く胸に刺さりました(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )

    絵空事ではない現実の「戦争」、必見です(・ω・)b

    …私は「撃つ」派。

    ではまた感想送ります!!




    性別:女性
    年齢:40代
    住所:沖縄市

<<一覧へ戻る