>> メルマガが届かない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:グレート読谷「ヒトラーの忘れ物」

  • 先日、桜坂劇場で公開中の「ヒトラーの忘れ物」を観てきました。

    正直、目を背けたくなり、終始、緊張感を持たざるを得ない映画でした。

     

    第2次大戦終了直後のデンマーク。

    ナチスがデンマークの海岸に仕掛けた二百万以上の地雷除去の任務に充てられたのが、

    デンマークに取り残された、元ナチスの少年兵たち。

    除去訓練中にも死傷者が出る過酷な任務に、いつか祖国へ帰れることを信じて、

    食料もない劣悪な環境に置かれ、危険な任務を遂行する日々を送る少年たち。

     

    そしてその少年達を監督するデンマーク軍の軍曹。

    坊主憎けりゃ袈裟まで軍曹も最初は、少年達を虫けら扱いし

    鬼のように接していたが、少年達と接するうちにやがて情が出てきたのですが・・・。

     

    地雷撤去作業という死と隣り合わせの緊張感が、こっちにも伝わってきて、

    喉の渇きがハンパなかったです。

     

    観終わって思ったのですが、

    このような本来ならば闇に葬りたい史実を戦勝国側から制作されたということに驚くと共に、

    いつの時代にも犠牲になるのは純朴な子供達、

    不穏な空気の漂う現代社会においても、子供達を守るために、

    絶対に戦争はいけないという基本的な考えに立ち返ることのできた映画でした。

     

    できれば、この映画の少年達と同世代、中学生から高校生の皆さんに観てもらいたい映画です。

     

    では最後まで聴いてますね~。



    性別:男性
    住所:読谷村

<<一覧へ戻る