>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ジェフコステロ「しゃぼん玉」 

  • ハロー、眞理子さん&リスナーのみなさん。

    新年度です。
    新しい展望を抱いて新天地に乗り出す方も多いと思いますが、自分は変わらずにまったりしてます。
    そんな中、上映を終えてしまいましたがパレットにて「しゃぼん玉」を鑑賞。

    家族から見放され、盗みと暴力の荒んだ生活の中、野良犬同然に逃げ込んだ山奥の村。
    純朴でおおらかなスマおばあさん、昔堅気の頑固な猟師しげ爺との農業や狩りを営む生活、
    また食材を持ち寄っての賑やかなゆんたく会をとおして、
    次第に人間性を取り戻していく主人公の伊豆見。
    そんな中、思いを寄せた女性との交流から自身の辛い過去と向き合い始める。

    ストーリーはいかにも!的な展開ですが、孤独な伊豆見青年に芽生えた生き直す勇気には震えました。心温まるラストまで映画に観入り放し。あまり評判を聞かないのが残念です。

     

    昨年観たマイケルムーアの映画でのノルウェーの刑務所にもありましたが、
    人の心の闇は人の温かさでしか癒されないのを改めて考えさせられました。
    また、「聲の形」、「湯を沸かすほどの熱い愛」、
    「彼らが本気で編むときは」を観た時にも感じたのですが、
    未成熟な心をカバーするため、強くあろうとする大人の大きな愛情が必要だなと。
    見終わって2週間ほど経つのですが、この「しゃぼん玉」は忘れがたい1本になっています。
    眞理子さんは乃南アサさんの原作を借りられたとのことですが、自分も読んでみますね。

     

    さて話変わって、昨年スターシアターズ系映画館で販売された8月まで有効なクーポン券は、
    今年は発売になるのでしょうか?(今のところ予定はないそうです 安谷屋)

    眞理子さんなら、最新の情報が聞き出せるのではないかと・・・・。

     

    今、とても楽しみにしているのが、
    桜坂劇場で4月下旬ぐらいから公開予定の「牯嶺街少年殺人事件」です。

    先日試写会があったようで、上映時間約4時間に相応しく実に見応えのある作品とのこと。
    鑑賞した知人は言葉を失ってました。
    すぐに前売りゲットですね。

    ではでは咳がひどくなってきたので、ここらで失礼いたします。
    眞理子さん、リスナーのみなさん、風邪注意です!



    性別:男性
    年齢:50代
    住所:名護市

<<一覧へ戻る