>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ちっちー「ラビング 愛という名前のふたり」

  • こんばんは(´∀`)ノ

    GWにパレットと桜坂劇場を行ったり来たりしながら、いくつかの映画を観てきました!
    その中の「ラビング~愛という名のふたり~」について。

     

    上映は終了していますが、胸キュンな邦題に違わぬラブストーリーでした。

    舞台は1950~60年代のアメリカ・バージニア州。
    ほんの50年前に実際にあった〝異人種間結婚禁止法〟という法律を撤廃するきっかけになった、
    リチャード&ミルドレッド・ラビング夫妻の闘いを描いた実話。

     

    オスカー主演女優賞にノミネートされていた、
    ルースネッガはもちろん、ジョエルエドガートンも良かったですね。
    イカツイ外見の割に優しい目をしているんだなーなんて思いました‥笑。

     

    ラストに描かれる、裁判に勝利した日、6月12日は「ラビング・デイ」として今も残っていて、
    人種の異なるカップルを祝う記念日になっているんですよね。
    そんな歴史を変えた大きな出来事なのに、淡々と静かに描かれていて、
    感動がじわじわと広がっていく感じが良いです。

    先日観た「未来を花束にして」もそうですが、
    あらゆる分野で道を切り開いた方達の実話はずっしりと心に残る〝スルメ映画〟ですね。

     

    そして話変わって、今回、エンドクレジットを観ていてびっくり!
    プロデューサーのところにコリンファースの名前がありましたね。
    調べてみると、この実話に感銘を受け「これはぜひ映画にしよう!」と声をあげ、
    積極的に制作に関わったらしいです。
    ムーンライトのプラピやマンチェスターバイザシーのマットデイモンのように、
    大物俳優が出演はせず、プロデュースのみで映画に関わることって結構あるのかな?と思いました。

     

    【曲のリクエスト】

    桜坂劇場で上映中、1964年のフランス映画「はなればなれに」から、
    3人が喫茶店で踊るシーンの曲をお願いします(>人<;)

    同監督の「勝手にしやがれ」みたいな、くすぐったい感じの面白さはなかったですが、
    またしてもロミオとジュリエットの引用シーンがあって笑っちゃいました!
    ゴダールさん、ロミジュリ好きなのかなぁ?なんて思ったり‥‥笑。



    性別:女性
    年齢:20代
    住所:八重瀬町

<<一覧へ戻る