>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ちっちー「灼熱」

  • 桜坂劇場で「灼熱」を観ました。

    バルカン半島を舞台に、1991年から10年おき、3つの時代を生きた恋人たちの物語。
    それらを全て同じ俳優が演じるという、ちょっと不思議な映画でした。

    民族間の紛争によって、引き裂かれる者、出会う者がいて、
    社会情勢に翻弄される彼らの様子は、争いごとの不条理さを観る者に訴えてきます。

     

    「1本の映画と言うよりは、3つの短編って感じだなー」と思いながらで観ていましたが、
    ラスト近くに「独立した3つの話じゃなくて、実は繋がってる?」と、
    思わせるシーンがあったのが気になります。
    だから、同じ俳優にやらせたのかなぁ‥‥‥どうなんでしょう?

    真理子さんはこの映画、どう観ましたか?

     

    それともう1本、「ダンサー、セルゲイポルーニン~世界一優雅な野獣」を観ました。

    「凡人には理解し難い〝孤高の天才〟の話でしょ?!」と観る予定は無かったのですが、
    映画館で観て大正解な1本でした!迫力のダンスシーンは言うまでもなく、
    それ以上に〝家族愛〟が印象に残る素晴らしいドキュメンタリーです!!

     

    家族の愛情に支えられ、類まれな才能を努力によって開花させていくさま、
    頂点に登りつめた後の苦悩や挫折、〝天才〟も生身の人間であることを再認識させられましたね‥‥。

    「怪我をすれば、バレエを辞められるのに‥」と考えていた彼が、様々な制約から解き放たれ、
    〝踊ること〟を再び愛せるようになるまでの過程が美しく描かれているのも良かったです!
    じんわりと心が温かくなりました!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

     

    単調なことを嫌い、新しい刺激を求め続ける人のようなので、今後もバレエに限らず、
    何かしら素晴らしいものを魅せてくれそうな気がしました。密かな楽しみにしておきます。

     

    【曲のリクエスト】

    やはり〝Take me to church〟を聴きたいです。
    よろしくお願いします(>人<;)
    先日のリスナーさんのお便りにもありましたが、息もできないくらいの美しさ、迫力のシーンでした。

    近くで見ると傷だらけ・痣だらけなんですが、
    ムダなものを削ぎ落とした美しい体の躍動に圧倒されました。



    性別:女性
    年齢:20代
    住所:八重瀬町

<<一覧へ戻る