>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:青い獅子「ブランカとギター弾き」

  • 「ブランカとギター弾き」を見ました。

     

    いつもは上演時間に相当余裕を持って映画館に入るのですが、
    今回は桜坂のカウンターにたどり着いたのが上演時間ジャスト。

    そしてカウンターのスタッフさんは一人で、
    前のお客さんが会員カードを忘れ物してないかしら~と、
    尋ねた直後らしい残念なタイミング。

    焦る気持ちから二人のやり取りが余りにスローに感じるし、
    映写スタッフさんが行き来して映画が始まった感は強いし…。
    何事も余裕が大事ですね。

     

    映画は少し始まっていたけれど話が分からなくなる事もなく、
    のめり込んで行きました。

    見ていて2回心の中で「セバスチャン~~」と声を挙げました。

    (後から見る人の楽しみを奪いそうだから眞理子さんだけにお伝えすると、
    ブランカ救出の時に「セバスチャンも連れて行って~!!」と、
    ラストにブランカより先におじいさんといる姿を見て「セバスチャンいた~」です)

     

    世界中にストリートチルドレンがいて、
    どんな言葉で感想を言っても私の「上っ面だけ」さが付き纏い、
    うなだれるばかりです。

    それでも、見ながらずっと感じていたのは理不尽さです。

    大人が彼らの環境を生み出した挙げ句、更に利用しようともしている。

    自分が大人で、そういう世界でのうのうと暮らしている事が後ろめたいというか、
    情けないというか、やるせない気分でした。

     

    セバスチャンには理解して貰えなかった兄貴分の男の子の気持ちも刺さりました。

    言うだけでは無責任だけど、
    子供には心置きなく安心して笑って泣いて怒って甘えられる生活をして欲しいです。

    大人は守る存在でなきゃいけないです。



    性別:女性
    年齢:50代
    住所:北中城村

<<一覧へ戻る