>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:鳥好き夫婦「ジオストーム」「ノクターナル・アニマルズ」

  • こんばんは、先日ジオストームを観に行って来ましたよ。

    事前情報なしだったので、
    パニック映画かな?と漠然とした気持ちで観にいきました。

    管理されているはずなのに地球各地で起こる巨大災害には、
    ある人の身勝手な企みが関わっていました。
    その謎を解いていく途中で兄弟愛が描かれていたり、
    気象コントロール衛星の開発者の弟の彼女サラが、とんでもなくカッコよくて、
    車を運転しながら敵を倒したり、
    仕事を全うしながらも地球を守る為に規則違反をしたりなど、
    巨大災害の映像だけでなくストーリーが楽しみで、
    手に汗を握りながらあっという間の2時間でした。
    謎解きの結果は、アメリカの映画らしさも感じました。

     

    もちろん流石!ハリウッド映画で、
    巨大災害で各都市が壊れて行く映像は素晴らしいものでした。
    影響されやすいんですが、この災害列島日本に住んでいると、
    気象コントロール衛星が開発されたら良いのになんて思ってしまいました。
    誰かの悪巧みは本当に怖いですけどね。

     

    上映終了しましたが、先日桜坂劇場にてノクターナルアニマルズを観てきましたよ。

    トムフォード監督作品で、まず映像の美しさに引き込まれました。

     

    過去と現在と、元夫の書いた小説の話と3つの話が進んで行くのですが、
    エイミーアダムスの若い頃と現在の両方の美しさや、
    小説の中での娘と妻の死体の美しさとにかく映像の美しさに驚きました。

    映画を観る前は、これは元夫からの愛か、復讐か…
    という文を見て私にわかるだろうかと心配しながら観ましたが、
    完全に復讐だと感じました。
    主人公スーザン自身が、
    精神的に不安定な中元夫からの小説を夜中に読み進めて行く。
    そんなスーザンの頭に浮かぶ情景を私たちは観て行くと、
    元夫からの怨を感じるほどのメッセージ。
    元夫もスーザンも未来へ進んでいないような気持ちになりました。



    性別:女性
    年齢:30代
    住所:沖縄市

<<一覧へ戻る