>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ちっちー「デトロイト」「否定と肯定」

  • こんばんは(=´∀`)ノ

    実話に基づいた映画を2本観ました。

    1つは「デトロイト」。

    1967年、デトロイト事件の映画化。
    と言っても知らなかったので、冒頭に時代背景の説明があって助かりました。

    人種差別がテーマで、
    〝白人警官VSモーテルに居合わせた黒人客〟という構図でありながら、
    それぞれの恐怖心が描かれているように感じました(※勝手な解釈です)。

    警官役のウィルポールター(役名は忘れました‥)や、
    ザ・ドラマティックスのラリーなど、
    白人、黒人それぞれの側から観てみようと思いましたが、難しい。
    で、思いました→ジョンボイエガ演じる警備員の視点で観て、彼の立場で考えると、
    この映画の意味、余韻がより深くなるのかなァと‥(※勝手な解釈です)。

    それと、ラストの讃美歌もすごく印象的でした‥(´ー`)

     

    そしてもう1本は「否定と肯定」。

    観る前から、裁判の結末は分かっているのに引き込まれる‥そんな映画でした。
    劇中の言葉を借りれば、
    〝表現の自由だとか、そういう問題ではない〟のだと分かっていても、
    裁判がどう進むのか気になるって興味深い映画ですよね。
    主人公デボラリップシュタットをはじめ、
    共に闘った弁護士チームの〝お仕事ムービー〟
    としての魅力が大きいのかなァと思いました。

    そして、やはり‥‥アウシュビッツを訪れるシーン、
    法廷で〝のぞき穴〟の話をしているシーンの描写は‥‥
    スクリーン越しに観ているだけで心が凍ってしまいます。゚(゚´Д`゚)゚。
    ホロコーストの重さを改めて感じます。
    〝歴史上の紛れもない事実〟、心に留めておかなくては‥‥。

     

    《追伸》

    先日の放送での〝ブランケット情報〟にびっくりしました!借りられるんですね。
    寒い日が続き、ひざ掛け用に上着を余分に一枚持っていったり、
    マイブランケットを持って行ったりと、
    荷物が増えてめんどくさいなァ〜と思っていたので、早速活用したいです。



    性別:女性
    年齢:20代
    住所:八重瀬町

<<一覧へ戻る