>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:ちっちー「ローズの秘密の頁」

  • こんばんは(=´∀`)ノ「ローズの秘密の頁」を観ました。

     

    舞台は、40年代〜80年代のアイルランド。
    精神異常者として扱われ、40年も病院に閉じ込められていた女性の一代記。
    心打たれるシーンで流れる〝月光〟も印象的でしたし、
    〝時代〟と〝歪んだ愛〟に人生を狂わされた主人公・ローズ役の
    バネッサレッドグレイブ、ルーニーマーラの演技が凄かったです。

     

    ストーリーの方は、わりと早い段階で結末が分かってしまうので、
    〝謎解き〟に期待して観ると、そんなに面白くないかもしれません。

    アイルランドにおける、カトリックやプロテスタントについての知識がないと、
    しっくり来ない部分があるかもしれません(私だけ‥?)。

     

    それなのに、鑑賞後しばらく経ってもこの作品を忘れられないのは、
    ミステリーというより、〝反戦映画〟として、
    考えさせられることが多いからでしょうか?
    少し前に桜坂で観た「愛を綴る女」や「婚約者の友人」を思い出しました。
    派手なシーンはなくとも、表情や言動から、戦争の〝むごさ〟が伝わってきます。
    心に刺さります‥。

    苦しい時間の方が長かったけれど、
    幸せだった頃のあの言葉→「真実とは‥‥」が、
    ローズの〝生きる希望〟をずっと守ってくれていたのかな‥‥
    と思えるラストに救われました‥泣(>_<)。

     

    (余談ですが‥)

    宗教的な背景について勉強してみると、
    物語のキーマンである〝あの人(神父さま)〟の視点で、
    この物語を観てみたくなります。

     

    【曲のリクエスト】

    〝午前10時の映画祭9〟のオープニングを飾る「タイタニック」より、
    〝My heart will go on〟をセリフ入りバージョンでお願いします(>人<;)

    週末は混みそうですが‥‥ようやくスクリーンで観られる喜びと、
    2〜3枚のハンカチを持って、シネマパレットへ行ってきます(*´꒳`*)ノ




    性別:女性
    年齢:20代
    住所:八重瀬町

<<一覧へ戻る