>> メルマガが届かない方はこちら

>> ストリーミングが再生されない方はこちら

Mon - Fri / 14:00-15:45

ゴールデンアワー

西向 幸三
糸数 美樹

10月20日号ゴールデン会議テーマ「外で食べる」です。運動会のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思い出も多かったですが。遠足のお弁当って楽しみでしたね。貧乏だった局長には辛い思いでも多か

  • ラジオネーム:青い獅子「希望のかなた」

  • 「希望のかなた」を月一開催のコザ×桜坂シネマコネクションで見て来ました。

     

    カウリスマキという監督の作風なのか、フィンランド映画の作風なのか分かりませんが、
    不思議~~な間合いがなんともいえない空気になっていました。
    一人で見たのですが、これは友人と一緒に見て感想/疑問を弾丸トークしたい映画でした。

     

    出て来るミュージシャン達はあんな感じだったけど実際もあんな感じで人を集められるのか/
    あの自分のお店のスタッフとのやり取りはコント仕様なのか/
    日本料理店の部分はわざと海外で多い間違えた日本料理店の雰囲気を強調したのか、
    あれがおふざけ無しの日本料理店のイメージなのか/
    エンドロールの途中で曲が終わってしまって後は無音でエンドロールが続くのは普通なのか、などなど。

     

    そんな変な気になる点とは別に、
    シリア難民の青年カーリドに対する見返りなんて求めていない優しさに私も嬉しかったり、
    難民申請の時に語る経緯に辛い気持ちになったり、映画に入り込んでいました。

     

    そして、これは私が不勉強だからなのかもしれませんが、
    カーリドが難民申請の為に警察の場所を尋ねた時の返事が
    「え?マジで?本当に警察行くの?難民申請するの?いいのか?」的な返しだったのかが分からないのです。

     

    それだけ警察=難民申請であって、
    かつ難民申請しても受理されない、潜っていた方がいい、という情勢なのでしょうかね?

    相当ギュッと詰まった映画でした。



    性別:女性
    年齢:50代
    住所:北中城

<<一覧へ戻る